野麦峠 - 開田高原




2014年06月13日(金): 梅雨の晴れ間、野麦峠 - 開田高原を走ってみませう。
いざ出発と言う時、雨がぱらつきます。日差しは有り、南東の空は晴れているのに。
何か、前途が気遣われます。

大気の状態が不安定なのでしょう、北アルプスに雲がまとわり付いています。
しかも、メッシュジャケットでは少し寒く感じます。

野麦峠の登りは、路面が濡れています。少し慎重に走りませう。
野麦峠、雨が降り始めました。野麦街道(旧道)を撮影したら先に進みませう。
野麦の集落、小さな学び舎が郷愁を誘います。寒くてウインドストッパー(インナー)を羽織ります。
GSR2560Sの風防(スクリーン)、なかなか素晴らしいです。ヘルメットには水滴が纏わり付きますが、
胸には当たりません。その為、雨具は使用しませんでした。でも、手は冷たいです。

結局、開田高原過ぎまで雨です。バイクを停める気がとても起きません。
雨の弱まった、九蔵峠?でやっと御岳の撮影です。雨は辛いですね。(対策を考えませう。)

鳥居峠が片側交互通行ですから、薮原から境峠を越えて帰ります。走りの楽しさはこちらですから。

(PS. 今回の燃費: 34.5km/L)






GSR250Sと、野麦峠




野麦街道(旧道)




GSR250Sと、御岳




HOME