砂袋




2014年08月06日(水): このところの暑さに負け、引き篭もり中です。例年通りの夏眠中かな。
それでも気になる事が在り、涼しい早朝に、近場(聖高原)を70Km弱走ってみました。

気になる事とは、車重の問題です。GSR250Sは188Kgと250ccとしては重いバイクです。
しかし、[将来乗りたい]ミドルクラス(500 - 800cc)ですと、210 - 230Kgになります。
又、キャンプツーリングを実行すると、荷物が 10 - 15(20)Kg 程度になります。

そこで、車重耐性訓練として、砂袋をバイクに乗せてみます。取敢えずは9Kg で様子見です。
取り回しは、重心が高くなり相応に気を使いますが、慣れれば問題ないでせう。
走行に関しては、全く違和感無しです。
予備の砂袋が12Kg 有りますから、徐々に増やしてみませう。

(PS. 今回の走行距離:68Km 、所要時間:AM.5:40 - AM.7:10、累積走行距離:4,700Km)






シートに砂袋:9kg




GSR250Sと砂袋




予備の砂袋 (袋は百円ショップで購入)




PS. アマリング (最初の画像の拡大図です。端まではとても使えません!
  信州の中山間地の道をメインに走りますから、コーナー走行はそれなりに多いです。
  しかし、「攻める」意識は全く有りません、技術も無いですから。リーンウイズ走行主体です。

  告白:30数年前のバイク乗車時は、バンクセンサーを[意識的に?]接地させていました、
  若気の至りですね...。ちなみに、GSR250Sではバンクセンサーが接地したことは在りません。)




HOME