BMW・R80と対面




2015年03月28日(土): モトラッド・長野に出掛け、搬入されたR80と対面してきました。
22年前のバイクですから、予想通り劣化・退色・錆び等が見受けられます。磨き甲斐がありそうです。
只、エンジンは一発で始動でした。

一方、モトラッド・長野に修理等で入っている、R100RS, R75/5等 ですが綺麗です!
盆栽かと思うほどです。皆さん愛着が強いのですね! 私も見習わなくては?

この後、R80は車検登録の準備に入ります。希望の追加装備は、エンジンガードとETCです。
その他は、劣化部品交換等、見てくれよりも機能メインで修理をお願いしました。
(思うに、私はBMWに乗りたかったのではなく、R80に乗りたかったのですね。再確認できました。)

4月の第二週に見積りが出て、車検登録完了は4月末の予定です。
(PS. ワインレッドが全く違和感なくなっています。過っての「ボクサー = 黒」の思いは、いったい...?。)




BMW・R80 (1)




BMW・R80 (2) [コックピット:電圧計、時計付です。]
劣化状態が見て取れます。さて、どう対処いたしませうか? 要検討です。




BMW・R80 (3) [カウル・シールドが相当劣化(黄変)しています。]
シールドの交換を検討中ですが、逆に22年の古さをアピールするのも有りかも? むむむ...です。
視認性に影響が有れば、即交換です。実際に乗車して判断しませう。




BMW・R80 (4) [エンジンの快調さ維持は必須です。安全性とトラブル無しが最優先されます。]
エンジンガード無しの画像はこれが最後かも?





BMW・R80 (5) [転倒傷が見当たりません。ヘッドカバー交換?]
私は、走行前にエンジンガードを装着します。




HOME