枝折峠 + 桧枝岐 + 六十里越




2015年08月19日(水): たまには長距離を走ってみませう、奥会津・桧枝岐まで。
枝折峠と銀山湖の道(国道352号)+六十里越(国道252号)をバイクで走ってみたかったのです。

枝折峠以外[車ではシルバーライン利用]は、車で何度も走っていますから、土地勘はそれなりに有ります。
かって[シルバーライン有料時代?]の枝折峠は午前・午後交代の一方通行で在ったはずです。
(30数年前[シルバーライン開放前]の話:小千谷の知人は枝折峠を車で走る前日は酒を飲まないと言っていました。険しい道故に...。)

小出までのアプローチは、美麻 - 長野 = 豊田・飯山 - 十日町 - 六日町 = 小出です。(=印間:高速)
(PS. ガソリンは小出市街地で入れて置きませう!国道352号に入るとスタンド無しです。
お陰で、10kmほど引き返しです。   備忘録:美麻- 小出迄、早朝ゆえ2時間45分でした。)

枝折峠から銀山平までは、霧が発生していて視界が悪く駒ケ岳、荒沢岳は全容を現しません。

銀山湖の道(国道352号)では、沢水が路面に流れています。「洗い越し」です。
沢水を渡りますから水しぶきが掛かります。さらに段差で衝撃を受けます。
手前でスピードを落として通過するのは必須です。

桧枝岐では、桧枝岐歌舞伎(8/18)の幟旗が昨夕の賑わいを残していました。まあ、私には無縁ですが。
(桧枝岐、現役[埼玉]時代最も頻繁に訪れた場所かも知れません...。)

六十里越は程々の視界で、田子倉湖も綺麗です。後は、栃尾 - 長岡 = 糸魚川 - 美麻で帰ります。

附:八十里越:戊辰戦争で、長岡藩家老・河井継之助(只見・塩沢で死亡)が会津に援軍を求めて辿った道です。
長岡の人は二度の戦災を、「先の戦争」=太平洋戦争、「その前の戦争」=戊辰戦争と呼んでいました。
現実には未経験の事象なのですが、その歴史認識の揺ぎ無さを懐かしく思い出します。
現在、この八十里越は三条市と只見とを結ぶ、(通年利用の)国道289号の一部として工事中とのことです。
八十里越の国道が完成すると、冬季閉鎖の六十里越の道は寂れてくるのでしょうね...。
何か、懐古趣味のツーリング記録になりました...、歳ですかね?


(PS. 今回の走行距離: 597km[内高速:158km]、所要時間: AM.5:15 - 16:25)






BMW・R80と北ノ岐川:背後に魚沼駒ケ岳です。(銀山平・石抱橋:魚沼駒・山スキーのスタート地点です。) 
銀山湖は巨大岩魚で有名です! 漁業資源保護の為、この石抱橋から上流は禁漁区です。




BMW・R80と銀山湖(:奥只見湖) 




銀山湖の道:国道352号 (樹海ラインと呼ぶそうです。)
個人的には、「樹海ライン」と言われると、「樹海ロード:北海道日高」と混同しそうです。




BMW・R80と燧ヶ岳北面 (桧枝岐:かって、出作り小屋が在った場所から。) 
その昔、採ってきた山菜を大釜で茹でていた風景を思い出します。アイヌ語の「サク・コタン:夏の集落」ですね!




BMW・R80と燧ヶ岳 (桧枝岐・七入:燧ヶ岳・春山スキーのスタート地点です。) 




BMW・R80と田子倉ダム (只見) 




BMW・R80と鬼ヶ面山 (田子倉駅から:現在営業停止) 
田子倉駅、浅草岳の南の登山口として利用されていました。今は車でのアプローチですね。




BMW・R80と浅草岳 (田子倉駅近く、かってドライブインが在った場所です。)
現在無料休憩所建設中です。今後、こちらが登山基地に成るのかな?




BMW・R80と田子倉湖 (六十里越) 




BMW・R80/UPと田子倉湖 (六十里越) 




HOME