高遠 + 遠山郷(中央構造線)




2015年09月28日(月): 今回は中央構造線沿いの道「国道152号」を走ってみませう。

諏訪迄は高速です。杖突峠を越え、高遠から「国道152号」本番に入ります。
分杭峠の”ゼロ磁場”が脚光を浴びていました。駐車禁止ですから、通過です。

中央構造線・北川露頭:岩盤ではなく砂礫です。是故に152号は今でも分断国道なのです。
(費用対効果の問題が有るとしても、)日本の土木技術を持ってして、地蔵峠・青崩峠のトンネルが
未だ掘れないとは...。中央構造線の破砕帯恐るべし。(破砕帯の横断ではなく、縦貫ですから...。)

大鹿村の後半・地蔵峠迄が辛いです、狭い酷道を大型の工事車両が頻繁に走っていますから。

矢筈トンネルからから遠山郷の道は改修が進み、快適な道です。
何はさておき、天空の里「下栗の里」を目指します。
狭い生活道路と初めての道ですから、かろうじて、一周です。歩きが一番かな...?

初めての・しかも狭い酷道ですから疲れました! 松川から高速で帰ります。

(PS. 今回の走行距離: 358km、所要時間: AM.5:55 - 13:00)






BMW・R80と後立山 (大町市・三日町) 




分杭峠:「ゼロ磁場」カルト系は興味無しです。 (大鹿村入口) 




中央構造線・北川露頭:岩盤ではなく砂礫です。(大鹿村) 
参考:中央構造線・北川露頭(大鹿村中央構造線博物館)



BMW・R80と霜月祭りのオブジェ・湯立 (遠山郷) 




BMW・R80と兎岳・前聖岳 (下栗の里) 




BMW・R80と天空の里 (下栗の里) 
次回は、「ビューポイント」から、眺めて見たいです。
PS. この雰囲気は美麻・小藤に似ています。思うに、美麻の大藤・小藤も
(知られざる)天空の里かも知れません!白馬三山の展望地でもありますから。




HOME