トランポ+セローで下北半島


2016年09月29-10月02日(木-日): 雨マークが続きます、トランポ+セローで東北へ逃げ出しませう。
前回は津軽半島を訪れましたから、今回は下北半島です。

09月29日:雨の美麻から、「庄内みかわ」道の駅までトランポで北上です。[以下はセローでの走行です。]
09月30日:朝日スーパー林道 + 国道345号(「庄内みかわ」道の駅ベース:以下同)
  (走行距離:212km、所要時間:AM. 5:55 - 10:38)
10月01日:下北半島一周(七戸道の駅)
  (走行距離:433km、所要時間:AM. 6:05 - 14:20)
10月02日:坂梨峠 - 樹海ライン - 十和田湖 - 454号(碇ヶ関道の駅)
  (走行距離:102km、所要時間:AM. 6:00 - 8:00)

(PS. トランポの走行距離:1,502km)

PS2. しかし良く走りました、一日平均:562kmですから...。最終日は何キロ走ったのでせう?

PS3. 実は困っています。 車・バイクに傾注していて、足腰が弱っているのです!
年齢もあり、股関節の痛みがこの3月から出ています。剣・槍・穂高なら日帰り可能な足が錆び切っています。
バイクよりスキーが好きです! ここらで、足腰のトレーニングにシフトしませうか...。






セローと、山形・新潟の県境 (朝日スーパー林道の終点[中間点?])
 未舗装部分は新潟は少なく良く踏まれています、山形側が10匱紂⊂し荒れています。




セローと、朝日の山(以東岳?)




セローと、雲海1 (朝日スーパー林道の終点[中間点?]から新潟方面)




セローと、雲海2 (朝日スーパー林道の終点[中間点?]から新潟方面)




セローと、尻屋崎灯台




セローと、尻労の漁港
 尻労:シツカリ、アイヌ語の地名なのです。北海道の 静狩と同様な地形でそう呼ばれます。
 (シリ・トウカリ:shir-tukari [山の・手前を意味します。])
 今回の下北半島訪問の動機の一つが、この場所でした。只、地形的には納得不足かな...?




セローと、尻労地区の反対(北)側




セローと、北海道(恵山)




セローと、仏ヶ浦




セローと、陸奥湾越しに八甲田山




セローと、小坂・七滝 (前回は走りに夢中で、全く気付きませんでした。)




セローと、十和田湖




セローと、リンゴ (大鰐:開拓農地らしく、リンゴの木も若木です。)




HOME