セローの冬眠明け




2017年03月28日(火): 左膝半月板損傷により、今期のスキーは3月18日で終了です。
結局78日で終わりました。122日はおろか長年の100日の記録も頓挫です。
まあ、齢と怪我には勝てないことを思い知らされた今シーズンです。

となると、セローの冬眠明けしかする事が在りません。バッテリーを載せ近場を走ってみませう。
R80のキャブと異なり、FIですからあっけなく始動です。冬眠明けの感慨が少し...です。
25匱紊料行でしたが、バイクも良いですね!
只、右股関節と特に左膝が心配なのは仕方ないです。
この辺り、R80乗り出し前にセローでの補強・慣れ?が必要ですね。

PS. 今年の3月は異常です。雨ではなく雪が降ります、しかも低温ですから雪が何時までも残ります。

PS2. <セローの時計合わせ>:冬眠明け必須(備忘録)
・キーがONの状態で、SELECTボタンとRESETボタンを同時に2秒以上押す
・『時』の表示が点滅したらRESETボタンを押して『時』を合わせる
・SELECTボタンを押すと『分』の表示が点滅するので、RESETボタンを押して『分』を合わせる
・SELECTボタンを押すと時刻調整が完了







冬眠明けのセロー




セローを軒先の駐車場所に収めます。 (1)




セローを軒先の駐車場所に収めます。 (右の軒下ではR80が冬眠中です。)
R80の冬眠明けは、屋根雪が自然に消える4月上旬予定です。




HOME