R80の冬眠明け




2017年04月10日(月): 4月4日まで雪が降り、R80の冬眠明けは今日になりました。
塩カルも先日の雨で流れた事でしょう。

バッテリーを載せセルを回しますが起動しません。此処は焦らず、小一時間キャブに太陽を当てます。
(クラッチを切り:少し抵抗が減ります。)セルを回します、2度目のセルで渋りながらも起動です。
25匐、近所を走行してみます。セローと比べ、走りに安定感の在るR80も良いですね!

右股関節と左膝の悪化で、当初・R80の取り回しには相当の不安を感じていましたが、何とか大丈夫です。
只、何時まで持つか?倒れたR80を起こせる自信は在りますが、体との相談の時期に入ったのは事実でせう...。

PS. (プラグ交換をして)明日には車検の為「オートショップモモセ:松川村」に持ち込む予定です。
リアタイヤの交換、左後部のウインカー修理、エアフィルター交換が最低限必要です。

PS2. R80の時計合わせですが、マニュアルも無く良く判りません。ならば、原初的な方法:電源操作で対応です。
R80の時計表示が翌日の作業予定時刻を指している時に、バッテリーのマイナス端子を外します。
翌日、R80の時計が指している時刻にバッテリーのマイナス端子を結束しています。
(なお結束時、時計の針が2分程度進みますから、その点の微調整が必要ですが...。)







冬眠明けのR80 (左ミラーも付いていません。)




R80と、鹿島槍・五竜 (美麻・大藤)




R80と、後立山 (美麻・大藤)




R80と、爺ヶ岳・鹿島槍 (美麻・新行)




軒先のR80とセロー (雨除けシートでの安普請の駐車場所です。)




HOME