トランポ+セローで北海道


2017年07月02-15日(日-土): トランポ+セローでの初北海道遠征です。
前半の6日迄は寒かったのですが、7日から暑くなりました。10日 - 12日は天候が不安定でした。
13,14日は猛暑です。バイクでの初北海道、直線&高速コーナー主体ですから、予想通り少し飽きます。

02日(日):新潟発(11:45)の新日本海フェリーに乗船です。[以下、セローの走行記録主体です。]
03日(月):オロロンライン・サロベツ原野(初山別道の駅ベース:以下同)
  (走行距離:191km、所要時間:AM. 10:30 - 14:10?)
04日(火):苫前 - 霧立峠 - 朱鞠内湖 - 音威子府 - r119号(初山別道の駅)
  (走行距離:265km、所要時間:AM. 6:30 - 10:45)
05日(水):大雪山周回 [層雲峡 - 三国峠 - 糠平湖 - 狩勝峠 - 富良野](吹上温泉)
  (走行距離:389km、所要時間:AM. 5:30 - 12:35)
06日(木):旭岳温泉 + 愛山渓温泉(吹上温泉)
  (走行距離:275km?、所要時間:AM. 5:40 - 10:40)
07日(金):襟裳岬 + 天馬街道(忠類道の駅)
  (走行距離:209km、所要時間:AM. 6:00 - 10:05)
08日(土):北太平洋シーサイドライン + 根室半島(尾岱沼道の駅)
  (走行距離:347km、所要時間:AM. 5:45 - 11:50)
09日(日):美幌峠 + r995 + 藻琴山 + 摩周湖 [津別峠は通行止め] (和琴半島)
  (走行距離:131km、所要時間:AM. 5:45 - 8:00)
10日(月):滝上 + 西興部 [雨で下川方面は諦め] (岩尾内キャンプ場)
  (走行距離:152km、所要時間:AM. 6:45 - 9:10)
11日(火):宗谷丘陵 + 宗谷岬 [天候の関係で近場のみ] (稚内森林公園)
  (走行距離:76km、所要時間:AM. 7:00 - 8:50)
12日(水):移動日:吹上温泉 - 真狩登山口 (吹上温泉)
13日(木):ニセコ・パノラマライン + トーマル峠 + 毛無峠 (真狩登山口)
  (走行距離:234km、所要時間:AM. 5:30 - 9:40)
14日(金):洞爺湖 + オロフレ峠 + ホロホロ峠 (真狩登山口)
  (走行距離:193km、所要時間:AM. 5:30 - 9:00)
15日(土):前日の17時小樽発のフェリー乗船、新潟港9時下船後、美麻へ

(PS. セローの走行距離:2,500km 、トランポの走行距離:2,600km)
(PS2. トランポ+セローだと、興味をそそられるのか、今回も良く声を掛けられました。
(PS3. 車中泊車のトランポですから、フェリーのベット[ツーリストS]より快適です。)






セローと、原生花園・利尻島
トランポ+セローですから、セローの荷物は雨具+αで済みます。




サロベツ原生花園




セローと、オトンルイの風車 (1)
この風車群・28基だそうですが、数えて合ったためしが無いです。




セローと、オトンルイの風車 (2)




夕焼けの利尻島 (初山別道の駅、 07/03)
道の駅にて、松本ナンバー絡みで、かっての村の課長さん(道の駅開設に尽力)からお話を伺いました。
この道の駅・天文台と松本を舞台にした「白線流し」のドラマとの関係で懐かしがられていました。
初山別道の駅は大好きです!(この天文台と、隣村の小川村天文台は姉妹関係ですから。)今後も定番の宿泊場所ですね。




セローと、層雲峡 (1)




セローと、層雲峡 (2)
この後、久し振りに大函にも寄ろうとしたのですが、工事で進入禁止です。




セローと、ニペソツ (三国峠、07/05)
三股のニペソツ登山口の林道が閉鎖されています。調べてみると倒木の影響だそうです。




セローと、前十勝 (吹上温泉、07/06)
吹上温泉(白銀荘)は定番です。下界が暑い時は、此処に逃げ込めば大丈夫です。
温泉と二階の休憩室が重宝します。パソコン処理にこの休憩室は外せません。




セローと、十勝岳 (望岳台、07/06)




セローと、旭岳 (旭岳温泉、07/06)
旭岳の無料駐車場は工事中で、エリアが半減していて、早々に退散。




セローと、愛別岳 (愛山渓温泉、07/06)




セローと、忘れられた近藤重蔵碑 (黄金道路、07/07)
参考:広尾町・近藤重蔵碑 [東蝦新道記碑(とうかしんどうきひ)]




セローと、近藤重蔵碑 (黄金道路、07/07)
こちらは、歴史の重みを知らない行政のモニュメントです。




襟裳岬 (襟裳岬、07/07)
日高山脈が太平洋に背陵を沈める場所です。




セローと、ローソク岩 (様似、07/07)
参考:イマニツ




セローと、天馬街道 (天馬街道、07/07)
背後の右ピークが野塚岳山頂、日高の山は[奥深く、マダニが嫌で]縁が薄かったです。




セローと、霧多布岬灯台 (霧多布岬、07/08)




霧多布岬 (霧多布岬、07/08)




セローと、琵琶瀬 (琵琶瀬展望台、07/08)




セローと、エゾカンゾウの群落 (霧多布湿原、07/08)




セローと、納沙布岬灯台 (根室半島、07/08)




セローと、屈斜路湖 (美幌峠、07/09)




セローと、屈斜路湖 (藻琴山、07/09)




摩周湖 (摩周湖・第三展望台、07/09)




セローと、宗谷岬 (宗谷岬、07/11)
生憎、宗谷丘陵は霧の中でした。(景色としては宗谷丘陵の方が好きなのですが...。)




セローと、北防波堤ドーム (稚内港、07/11)
山岳会新人の時、1月1日に東稜経由で利尻岳に登らせてもらいまいした。経由地のこのドームには圧倒されました。




セローと、チセヌプリ (ニセコ・パノラマライン、07/13)
パウダーのメッカ、チセヌプリスキー場の復活が望まれます。




セローと、ローソク岩 (小樽、07/13)
私には観音様のお姿にしか見えません。




セローと、羊蹄山 (真狩登山口、07/13)




セローと、洞爺湖 (洞爺湖、07/14)




セローと、昭和新山 (洞爺湖、07/14)




HOME