トランポ+セローで南・東北


2017年09月02-05日(土-火): 涼しくなりましたから、トランポ+セローでの南・東北の旅です。
四日間、天候に恵まれ、セローでのコーナリングが十分楽しめました。只、寒くなりました。

遊びに熱中していると股関節の痛みも左程感じないものです、5時起床も苦では在りません。
(この前提は、FIのセローだからですね! この冷え込みでは、キャブ車のR80だと始動の心配が先立ちます。
 体は目覚めても、エンジンが目覚めないとダメですから。機械と違って、体は意識で制御出来る見本です。)


02日:山形県・鳥海道の駅までトランポで北上です。[以下はセローでの走行です。]
   通常は、「あぽん西浜」ですが、明日はクラッシクカ―のイベント会場だそうです。
03日:鳥海ブルーライン - 鳥海グリーンライン + 滝の小屋(鳥海道の駅)
  (走行距離:241km、所要時間:AM. 5:45 - 10:50、 odo: )
   中島台経由祓川が通行不能。グリーンラインで花立迄行くも、イベントで追い返されます。
   升田経由で「奥山林道」試走、7卍度でギブアップです、割石の通過には実力不足でした。
04日:磐梯ゴールドライン北側 + レークライン + スカイライン + スカイバレー(喜多方道の駅)
  (走行距離:244km、所要時間:AM. 5:50 - 10:55)
   福島市に降りた後、米沢に出るには広域農道の利用が良いみたいです。
05日:国道352号、252号を走る奥只見一周(桧枝岐・ミニ尾瀬公園)
  (走行距離:219km、所要時間:AM. 6:00 - 10:40、 odo:7,884km)
   この8月30日に「桧枝岐道の駅」がオープンですが、喧騒が嫌でミニ尾瀬公園泊です。
   早朝9度台と冷え込みました、今年の気象は異常ですね。
   銀山湖の道:国道352号ですが、酷道では在りません。セローだと「洗い越し」も余裕です。

(PS. セローの走行距離:704km、トランポの走行距離:1,050km)






セローと、象潟 (鳥海ブルーラン:鉾立 09/03)
 ブルーラインは外輪山に隔てられて、鳥海山の美しさが見られないのが残念。




セローと、鳥海山 (鳥海グリーンライン 09/03)
 中島台経由の祓川は通行不能の看板があり、こちらに。
 ピラミダルな鳥海山を目指す祓川ルートも素晴らしいのだが、残念。




セローと、鳥海山 (滝の小屋 09/03)
 日本海の眺望はブルーラインだが。鳥海山を目指す感じと静かさで、走りはこちらが楽しい。




セローと、檜原湖 (09/04)




セローと、磐梯山 (裏磐梯 09/04)




セローと、浄土平 (磐梯吾妻スカイライン 09/04)




セローと、荒沢岳 (枝折峠 09/05)




セローと、魚沼駒ヶ岳 (枝折峠 09/05)




セローと、鬼が面山 (旧田子倉駅 09/05)


 

HOME