R80のキルスイッチ


2017年11月23日(木): バイクのキルスイッチですが、緊急時(転倒等)にエンジンを停止させるものです。
普段はメインキー操作で、キルスイッチを使う事は殆ど有りません。
(と言いながら、R80とセローの立ちごけで、2度?キルスイッチを使っています。恥ですね!)

セローだと傾斜地での停車が多いです。その時・ブレーキ代わりににギアを入れてエンジンを切りたいです。
左手クラッチ、右手ブレーキですから、サイドスタンドを蹴り出してエンジンストップです。キルスイッチ操作より合理的です。
(勿論、その後メインキーをOFFにします。でないと、ライトが点灯したままですから。)

その過程からの類推です、R80をギアを入れた状態で傾斜地に停めたい場合、キルスイッチが有効です。
(R80はサイドスタンドを出してもエンジンはストップしません。)
左手クラッチ・右足ブレーキで、キルスイッチを操作してエンジン停止させます。
エンジンが停止すればギアが入っていますから、バイクは安定します。おもむろにサイドスタンドを出します。
その後メインキーをOFFです。
(実は今まで、不安定な状況で、使いづらいメインキーを操作してエンジンを切っていました。)

既に、R80のバッテリーは降ろしていますから、キルスイッチの効用は来春試してみませう。





BMW・R80と美ヶ原 (裏ビーナス) [前下り駐車:この場面で有効ですね。]




HOME