セローの冬眠明け




2018年03月15日(木): 今日は暖かくなる予報です。スキーを早めに切り上げ、セローの冬眠明けです。
バッテリーを載せ、セルボタンを押します。いとも簡単に起動です、FI車は楽というか...。

アルプス展望台の大岡村、聖山周回+四十八曲峠を目指します。
芦ノ尻の道祖神、今年の出来栄えを確認に向かいます。藁も痛んでなく新鮮な雰囲気です。
体調も昨年と比べれば、好調とも言えます。右股関節痛は在りますが苦になりません。
それよりも、古傷の右肩腱板断裂が、寒さと振動で泣き言を云います。これは何時もの事ですから無視です。

(PS. 今回の走行距離: 110km、所要時間: AM.hh:mm - AM.hh:mm、odo: 9,444km)







セローと、後立山 (大岡村)




セローと、後立山 [2] (大岡村)




セローと、芦ノ尻の道祖神 (大岡村)




セローを軒先に収めます。(右・軒下にはR80が冬眠中です。)







HOME