R90Sのバッテリー固定



2018年08月14日(火): 納車されたR90Sのバッテリー固定に不安が在りました、今日固定を終えました。
バッテリ―はサイドカーに載せています。バッテリーのケースを素人でも工作出来る板で作ります。
ケース固定はU字ボルトで船のバーに固定です。船の上下動でバッテリーが飛び出さない様、タイベルトで固定です。

ワトソニアンのサイドカーはパッセンジャーの事は余り考慮して無い感じです!
船に乗るステップも有りませんし、シートもチャチです。外装は華麗なのに不思議です。
まあ、私は人を載せる気は無く、砂袋18圈幣来的には36圈砲鮑椶擦討い泙后転覆防止用です。






サイドカーに載せたバッテリーの固定 (転覆予防も考え、外側に固定です。) 
手前の板はU字ボルトで固定、奥の板は(U字ボルトに)高ナット+ボルトで固定しています。
バッテリーのプラス端子に絶縁用のキャップが欲しいですね!(16日:ペットボトル工作で対応です。)




サイドカーのシートには砂袋2個:18kgを載せています、転覆防止用です。
常用速度が上がれば増やす予定です。(何故砂か?と言うと、何処でも置け・最終処分し易いからです。)




ワトソニアンサイドカーのシートです。(背もたれと下部シートは分割できます。) 




背もたれを前に倒した状況、本当は船のバーに板を固定する必要が在りそうですね。
背もたれ背後に、前オーナーが石巻の神社の「交通安全シール」を貼られています。申し訳ないですが剥がす予定です。
なお、このバイクに付いていたナンバーは「宮」(宮城県)ナンバーだったそうです。
1975年登録ですから、県を表す文字が一文字だったのです。(継続も一瞬考えたのですが、無理ですね。)


HOME