GSR250Sの紹介




<購入動機>

2013年10月に大型自動二輪の免許を取得し、3日間程大型バイクを試乗しました。
(試乗バイクは:BMW F800R [排気量:798cc、車重:199Kg、シート高:775mm?、出力:87PS] です。)
その過程で、右肩腱板断裂の身には、大型バイクの重量は相応に厳しい存在だと認識しました。
(と云うのも、駐車場所が微傾斜地の上、未舗装の砂利なのです。)
勿論、レンタルバイクで慣れる事は可能と考えていましたが...。

そんな中、2014年の1月、スズキからGSR250S [排気量:248cc、車重:188Kg、シート高:780mm、出力:24PS]が
発売されました。(ネット上ではダサいと言われますが)スタイルはおじさん向きで、個人的には好きです!
しかも価格は安く、取り回し等の練習用にはもってこいです。
(砂袋・30 - 40Kg程載せての訓練も有りかも...。車重:230Kg程度は普通に扱いたいです...。)
レンタルバイクは解約し、2014年の2月にGSR250Sを注文、3月30日に納車されました。

<評価>
当初、2年程度の乗車を考えていて、バイクに慣れた後はミドルクラスに移行予定でした。
ところが、乗れば乗るほど素晴らしいバイクと認識させられます! 思わぬ大ヒットです。
特にツアラー性能は秀逸です! このフィーリングでミドルクラス(500−800cc)が出れば無敵でせう。
唯一不満な点は、加速性能です。しかし、これは250ccですから仕方ないですね。

(私し、BMW・R80を購入しますが、GSR800Sが誕生していれば、見送っていたかも...?
勿論、R80購入後もGSR250Sは維持します! 何しろ、R80は22年前のバイクですから、
故障発生は織り込み済みです。)

<R80購入以後 : 2015/05〜>
GSR250Sに殆ど乗っていません! R80に比べ、静かでシルキーに回るエンジンは素晴らしいのですが...。
R80は乗り方を要求してきますが、GSR250Sは素直で・優しいバイクです。
今は、R80の習熟期間として、GSR250Sには今少し我慢してもらいませう。
2016年には、最低・2割程度はGSR250Sに乗る努力を致しませうか...。
(予想に反し、R80が故障の兆候を全く見せないのです! 嬉しいことですが...。)

<GSR250Sを下取りに:2016/07_21>
車中泊の車をトランポ化し、セローを導入致します。その為、GSR250Sを下取りに出しました。
走行距離10,700劼任后シルキーに回るエンジン・ツリーング性能等良いバイクでした。
もっとも、大型自動二輪の車重に慣れるために導入した、車重188圓GSR250Sです。
遅かれ早かれ、手元を離れて行かざるを得ないバイクでした。有難う!




GSR250S (ヘルメットは地面に置かないと駄目ですね! 2014/03/31撮影 )




GSR250S (パニアケースを付けました。 2015/04/23撮影 )


GSR250Sのメンテ記録


HOME