BMW・R80(アールハチマル)の紹介






BMW・R80と爺ヶ岳・鹿島槍・五竜 (大町市・三日町)[2015/05/27 撮影] 
納車2日目、写真撮影を兼ねて近所を走ってみました。強烈なウォブル(ハンドルの振れ)発生に唖然です。




納車時のフロントタイヤ [2015/05/26 撮影] 
BMW・R80用タイヤ 磨耗したフロントタイヤが、ウォブル(ハンドルの振れ)発生の一大要因です。




BMW・R80と白馬三山 (美麻・大藤)[2015/06/07 撮影] 
フロントタイヤ交換後、近所を走ってみました。ウォブル(ハンドルの振れ)の発生が抑えられています。




BMW・R80とレンゲツツジ (湯の丸スキー場)[2015/06/10 撮影] 
志賀草津道路+湯ノ丸高原を走ってみました。長距離走でも、ウォブル(ハンドルの振れ)の発生がありません。




スリップサインの出た、フロントタイヤ [2015/09/24 撮影] 
BMW・R80フロントタイヤ交換 前回と同じ”Lasertec”ですが、ウォブルの発生は未だ無しです。




スリップサインの出た、フロントタイヤ (Pilot Activ) [2016/06/03 撮影] 
BMW・R80フロントタイヤ交換 中古・R80購入時のウォブルの発生は、タイヤの劣化が最大要因と思われます。




==============(以上、ウォブル特集 [内容により・時たま更新] )==================





BMW・R80 (販売店から搬送されてきた車体の画像・初見です。2015.03.28)
22年前のバイクですから、劣化や錆びが見られます。エンジンは一発始動でした。

PS. 初見の感想:22年前のバイクですから、予想通り劣化・退色・錆び等が見受けられます。
まあ、磨き甲斐がありそうです。 そう思いませう!

車体カラーですが、当初ブラックを希望していました。「ボクサー = ブラック」のイメージが強いですから。
しかし、この所ワインレッドも素晴らしいと思い始めています。(壁紙で毎日眺めていますから...。
それにソロで走りますから、群れでない証にもなりますから...?)

PS. 年式判断材料に、フロントのディスクブレーキが在ります。91年からはシングルディスクになります。
それ以前はダブルディスクでした。 又、ディスクの穴空きパターンも目印になります。


<購入動機>
大型自動二輪免許を取得する動機の一つに、「BMW・R80」に乗ってみたいといふ思いが有りました。
当初、モトラッド・長野でBMW・R80を探してもらっていましたが、商品が出て来ません。
結局、2015年3月にGoo_Bike:モトショップ・エキスパートから購入しました。
なお、今後の車検整備等はモトラッド・長野に依頼します。

<購入時状態>
2015.03.18 購入契約 / 初年度登録 :1993/12、走行距離:38,640Km、カラー:ワインレッド、車検:無し
装備:純正ビキニカウル、シティケース付きです。(エンジンガード無し)
(PS. 車両そのものは未見での購入です、素人ですから見ても内容は判りませんから。
まあ、中古車(R80)購入は縁と思っています。自分の運命を信じませう。新車ではないのですから...。)

(PS2. 2015.04.11 モトラッド・長野から、車検受けの整備状況の説明が有りました。
[外見の劣化は相当有りますが、]動力機関には問題なしとのことでした。
[22年前の車体ですが、動力機関から推測するに]車庫保管の期間が長かったのでは?とのコメントです。
判断材料の一つとして、ガソリン供給コックをOFFにすると、"カチン"としっかりと鳴ります。
なお、車台番号は:"01234**R80CJ" ですから、1993年8月製造の正規輸入品です。 )


<スペック(新車時)>
エンジン形式: 空冷4サイクル・水平対向二気筒エンジン、OHV (1気筒2バルブ)
排気量:      798cc
最高出力:    37kw,50bhp/6500min
最大トルク:  58Nm/4000min
クラッチ:    乾式単板クラッチ
ギアボックス: 常時噛み合式5速ミッション
駆動方式:   シャフトドライブ
寸法: 2,175mm(全長), 800mm(幅[ミラー]), 1,106mm(高さ[ミラー等除く]), 1,447mm(ホイールベース)
重量:          190kg(乾燥), 210kg(装備)、   シート高: 807mm、  回転半径: 2.15m
燃料タンク:   22L? (リザーブ;2.5L?含)、ガソリン:レギュラー(RON91) cf. 日本(RON89)で、ハイオク推奨。
オイル交換:  2.25L、フィルター交換時:2.5L
性能:          0 -> 50km/h 2.1s、  0 -> 100km/h 6.0s、  0 -> 120km/h 8.6s、  0 -> 400m  14.4s
最高速度:       170km/h (通常状態)、  178km/h (ライダーが伏せた状態)
フロントタイヤ:   90/90-18 51H  コメント: タイヤ幅(mm)/扁平率-ホイール径(インチ)
リアタイヤ:    120/90-18 65H コメント(65H):タイヤ荷重 195kg(51),290kg(65)/スピード210km/h
タイヤ空気圧:   フロント: 2.2bar、 リア: 2.5bar (一名乗車時)
オルタネーター:  280W             オルタネーター等が正常なら↓。(注:アイドル時発電不足。)
ヘッドライト:    60W(Hi)/55W(Low)  常時点燈でもOK でしょう。(電圧計を見て判断します。)






BMW・R80 (販売店・エキスパートの画像;2015.03.18)[珍しいカラーのワインレッドです。]
エンジンガード無し、前オーナーのこだわりを感じます。水平対向二気筒のエンジン美
意識してのことでせう。ワインレッドへのこだわりも聞いてみたい気がします。
ビキニカウルを最初に装着した「BMW・R90S」のデイトナオレンジ系譜の配色でしょうか?


R80の履歴書    R80のメンテ記録


<BMW R80 参考リンク>


HOME