今日のおおしお市民農園



2007年10月13日(土) : 今日は蕎麦の脱穀でした。

今回、農園の「蕎麦の会」世話人の市川さんから、先日(6日)の蕎麦刈りと
今日の、蕎麦の脱穀の画像をご提供頂いたので、ご紹介です。

蕎麦の脱穀は昔ながらの棒による物です。又、蕎麦の選別は「唐箕(トウミ)」
で風を送り、実とゴミを仕分ける作業です。(風の送り具合にコツが要ります。)
昭和の30年代迄は、何処の田舎もこの方法でした。それの追体験でもあります。
ちなみに、収穫量は約150kgでした。(約2反分耕作)

収穫祭には、皆さんで美味しい新蕎麦を賞味致しませう。待ち遠しいですね!




蕎麦刈り(10月6日)




蕎麦干し(10月6日)




蕎麦刈り後の集合写真(10月6日)




蕎麦の脱穀 �(以下、10月13日)




蕎麦の脱穀 �




蕎麦の脱穀後の残りの実のシゴキ取り




唐箕による選別(風の送り具合がコツです。)




昔ながらの作業風景




蕎麦の脱穀後の集合写真



保存庫


HOME