今日のおおしお市民農園



2008年03月17日(月) : 信州の冬の生活も3年目です。雪国の生活に完全に浸って います。
今や、関東平野のあの乾燥した青い空の生活には戻れそうにも在りません。

雪国の冬の生活を送ると、春が待ち遠しくなります。(山スキーの生活とは別です。)
黒い土や草花の芽吹きが恋しくなるのです。
今日は、我がラウベの、ほころび始めた福寿草の紹介です。

福寿草の増え方をご存知ですか?花が終わると葱坊主の様な種が付きます。
その葱坊主の一粒一粒の種がこぼれ、増えて行きます。
私は昨年、二株だけ頂きました。少しずつ増えて行くのを楽しみたいのです。
(野生の福寿草は絶滅危惧種に指定されかねない程に貴重な植物のようです。)


ほころび始めた福寿草




雪がだいぶ消えた、我がラウベ



保存庫


HOME