今日のおおしお市民農園



2009年09月30(水) : 明日からは10月、スキー場の早割りシーズン券購入時期です。
過去数年間は、「五龍+47スキー場」のシーズン券でしたが、とある件で昨シーズンは
「栂池高原スキー場」でした。

<各スキー場の価格と評価ですが>
(1) 「五龍+47スキー場」: 4万8千円: DBDも在る47スキー場はお気に入りです。
(2) 「栂池高原スキー場」: 3万円(昨シーズン): 少し遠く、滑るコースは馬の背しかない。
(3) 「八方尾根 スキー場」: 6万5千円(通常料金): 白馬の看板スキー場。(滑ったのは10回以下)

今シーズンは、高いけど一回くらいは「八方尾根スキー場」と決めていました。
先日、「八方尾根スキー場」のホームページを覗いてみると、
なんと今シーズンから、早割りシーズン券発売に踏み切っていました。
通常は、6万5千円ですが、早割りで5万5千円です。(遅ればせながら登場の感じです。)

面白い企画に、平日シーズン券:4万3千円の設定が在ります。確かに、平日はガラガラで、
客の方が経営を心配するほどのスキー場の現状です。(八方尾根スキー場の現状は知らない。)
シーズン券ユーザーはロコが多く、混雑する土・日は回避しますから(新雪時は別)、
良い企画だと思います。個人的には、新雪時や、残雪期の山スキーは朝一で乗り込み、
スキー場の混雑は回避しますから、どちらを選ぶか悩む所です。

追伸.旧「Happy7」:白馬村モニターシーズン券と、長野県57スキー場も10月1日から申し込み受付です。
(只、私は申し込まないと思います。もし当選しても、駐車場から離れた場所で、リフト券を毎回交換するのも面倒ですから。)



唐松沢と不帰嶮 (取り付くには、八方尾根を登ります。)[2006.03.25撮影]



保存庫


HOME