今日のおおしお市民農園



2010年05月05(水) : 昨夜、農園の隣人がお亡くなりになりました。今夕はお通夜でし た。
家族・親族の悲しみを眼前にすると、耐えていたい意志に反し涙が溢れてしまいます。

一方、私自身の終焉も強く意識せざるを得ません。
私は、「葬儀も・墓も何も無い、自然消滅の終焉が願望です。」
もっとも、残された家族・親族にとっては、そうは行かないのでしょうが...。
そして、「死は突然に」やって来て欲しいものです。

山スキーをしていますから、危険とは背中合わせの世界にあります、しかし山では死にたくないです。
畳の上でポックリが望みです。

出来うれば、終焉が(明日)来ても良いような、悔いの無い、人生を願うばかりです。




カタクリ (花が終われば、地上からひっそりと消えてゆきます。)



保存庫


HOME