今日のおおしお市民農園




2012年10月04日(木): アイヌ語地名を絡めた、「にしん街道」の第二弾(積丹 - 岩内編)です。
以下、画像を中心に解説を加えてゆきます。




積丹・「幌武意:ほろむい」(ホロ・モイ: horo-moi) 大きな・入江の意です。
近くに、渚百選の「島武意:しまむい」が在りますが、これは、
(シュマ・モイ: shuma-moi) 石の・入江の意です。岩礁の多い浜です。



積丹・日司(当時はクッタルシ)のしゃこたん場所・運上屋跡碑。
「クッタルシ」:(クッタル・ウシ・イ: kuttar-ush-i)いたどり・群生する・処の意。
小樽の運上屋もクッタルシに置かれました。
「積丹:しゃこたん」は(サク・コタン: sak[shak]-kotan) 夏の・村の意です。



積丹・野塚の浜中(オタノシケ)です。



西河町の歌棄。永田地名解と松浦図に記載されています。
「歌棄:うたすつ」(アイヌ語で[オタ・スッ : ota-sut]) 、歌を忘れたカナリアではありません。
 [オタ](和人には[ウタ]と聞こえた)は砂浜の意、[スッ]は端・根本。  「砂浜の端」程度の意味です。



来岸の、しゃこたん場所運上屋・出張所跡碑。



西の河原。(賽の河原))



袋澗(ふくろま):大量に捕れた鰊を一時的に収めた、生け簀の様なもの。(これは自然の地形を利用した優れ物)



オブガル石川から、西の河原方面。
(オプ・ガル・ウシ:・イ: op-kar-ush-i)「槍を・作る(採る)・いつもする・処の意。


窓岩。(プイ・オマ・チシ: pui-oma-chish)「窓(穴)ある立岩」の意。
(問題点:上記引用は、永田地名解なのですが、出現場所が問題なのです。オブガル石の
すぐ後に出てくれば問題ないのですが、神恵内近くで出てくるのが???です。
かと言って、神恵内近くにそんな岩は在りませんから...。まあ、この窓岩でせう。)



「川白:かわしら」(カパル・シラル: kapar-shirar) 「平べったい・岩」の意。
この平岩を利用して護岸を整備し、現在の川白漁港は成り立っています。



弁財澗(べんざいま)大橋。(完成は平成13年です。)



弁財澗の海側。小型の、天然の良港の見本ですね。大型は忍路かな?



弁財澗の山側。



弁財澗近くの、袋澗。



泊の鰊御殿。



岩内運上屋跡碑。



弁慶の刀掛け岩。(北海道は、義経伝説の宝庫ですね。)
流石に、弘法大師伝説は見聞しませんが、どうでせう。


保存庫

HOME