今日のおおしお市民農園




2012年10月04日(木): アイヌ語地名を絡めた、「にしん街道」の第三弾(寿都編)です。
以下、画像を中心に解説を加えてゆきます。




精進川が注ぐ海岸:オタノシケです。(オタ・ノシケ:ota-noshke)「砂浜の・中央」の意です。
精進川のアイヌ語名は:(オタ・ノシケ・オマ・ナイ: ota-noshke-oma-nai)
砂浜の・中に・ある・川の意です。



磯谷・横澗、磯谷場所運上屋跡碑です。
明治2年の場所請負制廃止まで、磯谷、歌棄の請負人であった、佐藤家末裔の建立です。



鮫取澗にある袋澗(ふくろま):大量に捕れた鰊を一時的に収めた、生け簀の様なもの。。



岡田家・レンガ作り漁家。間には木造の母屋が在ったそうです。



こちらは、貴重品庫だそうです。



こちらは、漁具倉庫だそうです。(以上、孫引きです...。)



歌棄・磯谷両場所の請負人、佐藤家番屋。(生憎の改装作業中でした。)



有戸の厳島神社。この近くに歌棄から運上屋が移されたそうです。



橋本家・鰊御殿(旅館だ[った?]そうです。孫引きですから...。)



江差追分碑。
”忍路高島およびもないが、せめて歌棄磯谷まで”この内容はこちらを参照して下さい。



歌棄、歌棄郵便局裏で撮影。
「歌棄:うたすつ」(アイヌ語で[オタ・スッ : ota-sut]) 、歌を忘れたカナリアではありません。
 [オタ](和人には[ウタ]と聞こえた)は砂浜の意、[スッ]は端・根本。  「砂浜の端」程度の意味です。



反対側は、オタノシケです。此処も、「浜中」の名になってしまいました。


保存庫

HOME