今日のおおしお市民農園




2012年10月10日(水): アイヌ語地名の旅・(小平:おびら)編です。
以下、画像を中心に解説を加えてゆきます。





小平蘂川から「インガルシ」。
「小平蘂川:おびらしべ川」は、(オ・ピラ・ウシ・ペッ: o-pira-ush-pet)「川尻に・崖・ある・川」の意。から来ています。
川尻の崖が、「インガルシ」です。

なお、小平町の名前ですが、昭和23年、「小平蘂」から -> 「小平」 になったそうです。"蘂" 私も書けません!

アイヌ語"ush" は"un"の複数形です。崖ですから、普通なら、"o-pira-un-pet" が相応しいのでしょうが、
知里氏によると、何時来ても、そこに在るから、"ush" でかまわないとの説です。



「インガルシ」から小平の町を俯瞰。
「インガルシ」(インガル・ウシ: ingar(inkar)-ush-i)「眺める・いつもする・処」の意。
遠軽の"インガルシ"同様、見張りにはもってこいの場所です。


花田家番屋 (1)
明治38年頃建設された、北海道で代表的な(大きな)番屋です。
此処も、明治2年の場所請負制廃止後、頭角を現した漁場です。



花田家番屋 (2)
鰊の漁場は、北へ北へと移動して行き、最後は鰊の群来(くき)は消えて行きます。
(実は、この「群来:くき」が、引っ掛かるのです!語源は何なんでせう?)

演歌:「石狩挽歌」好きです! 鰊漁の終焉を歌うこの歌。石狩の名を冠していますが、
”アサリ(朝里)”、”オタモイ”、”古代文字”から推測して、小樽を舞台にした歌ですね。

しかし、今回の「アイヌ語地名の旅」、この記録は、山田「北海道の地名」からの孫引き記録です。
せめて、「永田地名解」と「松浦図」の記述との整合性調査は、実行する考えですが...。

何時か、自分で調べた結果で記録する状況はやって来るのでせうか?
まあ、今は修行時代ですから、物まねも、課程として必要と考えませう...。
(過っては、"オタモイ”を”おもたい”と呼んでいた私ですから...。)少しは進歩したかも?


保存庫

HOME