今日のおおしお市民農園




2013年10月26日(日): 実は、10月22日(火)に大型自動二輪免許を取得しています。

白内障手術後の閉塞された生活からか、バイクに乗ってみたいと思うようになって居ました。
普通自動二輪の免許は有りましたから、インターネットでヘルメット、ブーツ、手袋、
ライディングウエア等を注文です。ストレスから買物を始めたわけです。

手術後、スキー季節迄にしばらく時間が在ります。その期間に、大型自動二輪免許を
取ろうと考えるようになりました。
教習所のパンフレット等を集め、ネットで高齢者の合格状況を調べ始めました。
還暦を過ぎてはなかなか厳しそうですが、合格者は居ます。63歳の私でも可能と判断します。

10月6日に眼鏡が出来ました。(視力の確保が出来て初めて、全てのスタートです。)
10月8日に、自動二輪のペ-パードライバー講習(あなただけコース)を2時間受けます。
教習所は、長野市の「ドリームモータースクール昭和」です。(バイク教習にはお勧めです。)

(PS. この教習所の料金は少し高めですが理由が在ります。入所時に、コミネのインナープロテクター:
SK-625を供与されます。その料金が上乗せされていて、他より少し高く成るのです。
このプロテクターは、教習中着用を義務づけられます。又、免許取得後の街乗り等にも有用です。
この教習所の良心的なところは、その製品の胸部プロテクターをハード製品に入れ替えているところです。
[他の教習所の対応は知りませんが]、安全へのこだわりが強く感じられ、好ましいです。
春に向け、自分の装備を整えている段階で、その違いを認識した次第です...。2014/03/13)

30年ぶりのバイクです。この講習で大型自動二輪免許受験の可否を判断するつもりです。
400ccのバイク運転の再開は問題無しです。大型二輪受験に関しては、教官の意見を求めます。
教官曰く「(30年振りにしては)バイクに乗れて居ますから、問題ないでしょう。」
     「(高齢者が)受験・合格すれば、我々の励みにもなります。」
 この言葉に押され、講習後に、教習所の入校出続きを済ませます。

(PS. 私し、右肩腱板断裂の身です、右手は2Kg以上は肩上に挙がりません。
しかし、230Kg程度のバイク[NC750L]の引起し、センタースタンド掛けは余裕です。慣れですね!
只、取り回しは、やはり苦労します。因みに、私は 168cm、62Kg の体格です。)


09日(水)第一段階(5時間)の教習開始です。1本橋が難しいですね!
11日(金)第一段階の見極めを貰います。1本橋以外、順調です。
13日(日)第二段階(7時間)の教習開始です。相変わらずの1本橋です。
18日(金)第二段階の見極め日です。1本橋は肩の力を抜き、ハンドルを細かく動かせばOKです。
       (規定の12時間で見極めです。)
19日(土)卒業検定です。小さなミスは在りましたが、何とか合格です。
22日(火)埼玉の免許センターへ出向き、免許の交付を受けます。二回目のゴールド免許でした。

雨にも遭わず。順調すぎる大型自動二輪免許取得でした。
気力・体力さえあれば、還暦過ぎの63歳でも大型自動二輪免許取得は可能です。
(PS. 教習所の12時間、楽しかったです。遊園地でバイクに乗っている感覚に近かいかも?)



BMW「R80」は魅力なのですが...。大型バイクは購入しないと思います。[理性上ですが...]
 (悪魔の声:「趣味の世界に(合)理性云々は通用しません! 人間の明日は不透明です。
  やりたい事は出来る内に実行しないと後悔します。」) むむむ...

ここ、美麻は、12月から3月まで積雪です。保管場所が在りません。
(冬は埼玉の自宅へ保管という選択肢は在りますが、スキーが忙しく、埼玉には帰りません。)
又、長旅は、やはり「車中泊の車」になりますから。バイクは二の次になるでせう。

実際にバイクに乗るのは、塩尻のレンタルバイクになると思います。
年会員で、(一回24時間)3回/月、24回/年 乗車可能です。利用料金は 約5,000円/一回です。
(ここは、理性に従い、「悪魔の声」に抗って見せませう。白内障手術後の「バイク熱」ですから、
2度目のハシカの可能性もあります...。)

冬も直ぐそこです、バイクよりスキーが大事です。怪我の無いように、大型バイクに挑戦してみませう。




免許証に「大自二」と記載されています。


HOME