今日のおおしお市民農園




2014年07月17日(木): 偶然立ち寄った、紋別市・鴻之舞金山(鉱山)跡の紹介です。この金山、
最盛期には東洋一の金山と言われ、人口1万3千人を数えたそうです。現在は無人です。
ゴールドラッシュに一瞬沸いた地域です。寂れ方も又、半端では在りません。

この金山の本格的な採掘は、住友金属鉱山の経営期:1917年(大正6年) - 1973年(昭和48年)です。




 鴻之舞金山跡・案内板(末廣町跡) 



 鴻紋軌道鉄橋(五号坑橋) 



 住吉町跡碑(各町跡碑が在ります。) 



 清明寮跡(門柱が在りますから、住友社員寮か?)



 鴻之舞鉱山慰霊碑(平成元年の建立ですから、しぶしぶでしょうか?) 



 鴻紋軌道記念碑・(歌謡曲)「銀色の道」誕生の地 



 小学校跡碑 



 住友マークの倉庫、めずらしく損傷が在りません。 



 大煙突(精錬用ではなく、ボイラー用の煙突とか。)


保存庫

HOME