今日のおおしお市民農園




2017年02月03日(金): GSの練習6日目、通算48日目のスキーです。
(練習日、旗門は処理できるか?スピード対応はと不安を押さえての参加です。)

平日の午前中:GSの練習に小中学生のジュニアレーサーが参加です、連日見かける顔も多いです。
気になるのは、学校の授業(義務教育)はどうなっているのか?です。
午前中が放課後扱いで、その後に補習授業が為されていると思いたいです...。

エリート教育の必要性は否定いたしません、只、凡庸な才能なのに教育機会を失うのは考え物です。
まあ、一流スキーヤーは無理としても、スキーインストラクターには成れるでしょうが...。

私ののGS練習ですが、旗門通過は何とかこなせます。一本先の旗門を見据えてのコース取りもOKです。
只、スキーを走らせる技術がダメですね、タイムに大きく関わる緩斜面が課題です。
外脚荷重、掘れたコースはスキーを入れて対応:でないと飛ばされます。(備忘録)

PS. 先輩に72歳?、67歳の常連さんが居て刺激になります。しかもマスターズで好成績を残していますから。

PS2. スキーは魔物? 八方では、スキーに魅入られた人を多く見かけます。
無雪期に収入を得て、冬はスキーに専念です。私しには対応しかねる世界ですが...。
思うに、ジュニアレーシングの世界も同様に魔物なのでしょうね!





いいもりゲレンデとレーシングバーン(右端)



ジュニアレーサーの滑り




保存庫

HOME