今日のおおしお市民農園




2017年10月11日(水): ラウベの軒先にスズメ蜂の巣が出来ていて、管理棟に駆除をお願いしていました。
流石に、スズメ蜂の巣に素人が手を出すのは危険過ぎます。行政サイドで対応して呉れました。
先週、殺虫剤の噴霧でしたが、巣はそのまま残っていました。ようやく、昨日駆除の運びです。

子供の頃、自宅ではミツバチを飼っていました。寒くなるとアカバチ(スズメ蜂)がミツバチを襲いに来ます。
その頃は危険も感じず、バトミントンのラケットでアカバチを叩き落としていました。

私の故郷では、スズメ蜂の巣が在る家は火事に為らないと云われていました。
子供の頃は蜂の子を取って食べていましたが、流石にスズメ蜂の巣には手を出しませんでした。
多分、スズメ蜂の危険性を暗に教えていたのだと思います。

ともあれ、これで安心して農作業が出来ます。





軒先のスズメ蜂の巣・大きめのソフトボール程度(10/01)
 スズメ蜂の飛んでいるのは気が付きませんでしたが、画像にはしっかり写っていますね。




巣の駆除後 (10/11)




巣のカケラ・脆いです (10/11)







保存庫

HOME