五竜岳

【山域】五竜岳
【場所】長野県
【日時】9月15日(月)
【コース】
【メンバー】単独
【天気】晴後曇り



中遠見からのカクネ里(残雪期スキーで滑りたい)



西遠見からの五竜岳



白岳からの五竜岳(頂上はガスの中)

さんこう記録


15日(月):5時半前に起床し、しっかりと朝食を摂る。6時過ぎに
五竜岳登山に出かける。五竜スキー場について愕然とする、7時
に動くと思っていた、テレキャビンの運行開始が8時15分とのこと
1時間半近く待たされることになる。しかも頂上の運行終了が4時
15分、これでは五竜岳の日帰り登山は不可能である。行ける所ま
で行くことにする。8時10分頃テレキャビンに乗る、展望リフト
を乗り継いで地蔵の頭に8時35分到着。連休最後のため、下山者が
多い。登山者は私がトップである、足取りが軽い、自転車登山の
結果かもしれない。9時25分小遠見山到着、鹿島槍北壁に抱かれた
憧れの「カクネ里」に対面である。
前にも増して体調がよい(9:40 中遠見、10:30 大遠見、10:45
西遠見)、白岳は確実に登れる、1時迄に五竜岳に登れれば楽勝で
ある。
11:40 白岳、11:45 五竜山荘、1時を目処に五竜岳を目指す。五竜
頂上直下は岩場で、ペイントがないとルート取りは困難である。
ガスの中、12:35 五竜岳山頂に到着。視界が効かないので、頂上
標識をカメラに収める。頂上は縦走路から50m程北西に入った所
であったのが判ったのは登頂後のことであった。
12:45 下山開始。膝の負担を軽くする為持参した、ダブルストッ
クを使用する。階段状の下りが多いため時間が思ったより掛かる
時間との競争である。4時15分の最終テレキャビンに間に合うか
気がせくが、膝が痛い。少々の登りは逆に楽で小走りになる。
小遠見3時が目安である。時間は非情にも過ぎて行く、水分補給
のみで、休憩など取れない、急げ急げ!
3時5分小遠見到着、これで一安心である。
左膝が痛いが、だましだまし4時少し前にテレキャビンに到着。
時間に追われた登山はもうこりごりである。
5時帰宅、予定の時刻ギリギリである。
5時半お風呂、昆さんに自慢話である、現金なものである。


HOME