五竜岳

【山域】五竜岳(2,814m)
【場所】長野県
【日時】2004年9月01日(水)
【コース】五竜スキー場 - 小遠見 - 白岳 - 五竜山頂(往復)
【メンバー】単独
【装備】飲料水2リットル
【地図】神城
【天気】晴後霧



地蔵の頭より大黒岳(鞍部の岩峰:何となく大黒様に見えなくもありませんね!)




鹿島槍北壁(小遠見)




五竜岳(中遠見)




鹿島槍北壁とカクネ里:今年は雪渓が痩せていますね!(大遠見)




池塘の鏡(西遠見)




五竜岳(西遠見)




シラタケ沢(格好のスキールートと思われます。)




五竜岳




白岳より五竜岳




五竜東面B沢を覗く(何とかなりそうな気がしませんか?...)




五竜頂上より剣岳




五竜頂上より白馬岳方面(唐松山荘から餓鬼谷に滑り込み白岳へ登り返すのも...)




五竜頂上より八峰と鹿島槍



さんこう記録

2004年9月01日(水):今日は台風後の晴天が予想されるので五竜岳日帰り登山です。
テレキャビンの始発が8時過ぎなので、これを利用すると行動時間が短くなり、
あわただしい登山になります。ここは早出して、五竜スキー場から歩いて登る
ことにします。単純標高差は2,000mですから、トレーニングにも最適です。
5時前、霧のスキー場を出発です。登山道はスキー場の作業道路を辿ります。
シーズンには迂回コースになる道です。快調に高度を稼ぎ、テレキャビン終点には
1時間13分で登れました。これで2時間以上余裕が生まれたことになります。
実は、前回の早月尾根との比較で、どうしてもオーバーペース気味の登りでした。
7:13 小遠見到着。鹿島槍北壁には一部ガスが掛かっていますが、いつ見ても
感動ものです。天気はまあまあ良好です。
中、大、西遠見と進みますが高度は稼げません、
9:25 白岳にやっとこさと到着です。剣岳が拝めるかと思っていましたが、五竜岳の
の陰でした。その代わり毛勝三山がお出迎えです。
10:21 五竜岳頂上到着です。所要時間5時間半、思ったより早く登れました。
剣岳、鹿島槍の西北面が望めます。
10:40 下山開始、だんだんガスが湧きはじめています。やはり不得手な下りです。
14:10 アルプス平(テレキャビン乗場)に到着です。やはり、楽をして下りましょう。
テレキャビンの乗客に見下ろされながら、スキー場内をトボトボ歩くなどとても 出来ません。

<タイム>
4:51  五竜スキー場 
6:04  アルプス平(テレキャビン終点)
7:13  小遠見
7:33  中遠見
8:02 大遠見
8:29 西遠見
9:25  白岳
10:21 五竜頂上
10:40 五竜頂上(下山開始)
14:10 アルプス平



HOME