爺ヶ岳

【山域】爺ヶ岳(2,669m)
【場所】長野県
【日時】2004年9月21日(火)
【コース】大谷原 - 爺ヶ岳山頂 - 扇沢 - 大谷原
【メンバー】単独
【装備】自転車、飲料水1.8リットル
【地図】神城、大町、十字峡、黒部湖
【天気】晴



赤岩尾根からの爺ヶ岳北峰




赤岩尾根からの鹿島槍




針ノ木岳・赤沢岳




爺ヶ岳西面:棒小屋沢斜面




爺ヶ岳中央峰から小冷沢を俯瞰(なんとかなりそうな...)




爺ヶ岳南峰から種池山荘を見下ろす。




紅葉と剣岳




爺ヶ岳南峰扇沢の紅葉




扇沢から自転車で出発です。



壁紙向け画像


さんこう記録

2004年9月21日(火): 気がついてみると、今年の日帰り山行で地元の山に登って
いないのは爺ヶ岳だけであった。爺ヶ岳だと半日登山になってしまいなんとなく
登りそびれていたのです。地図を見ていて妙案が浮かぶ、自転車を使う手です。
自動車での個人山行だと、どうしても登山口へのピストンになってしまいます。
下山口と登山口を自転車で結ぶことにより、縦走形式の登山が可能になるのです。
具体的には、まず自転車を下山口の扇沢にデポしておきます。それから登山口の
大谷原に向かい、車を置いて登山開始です。扇沢下山後、自転車に跨り大町温泉郷
までくだり、そこから大谷原までの自転車漕ぎという計画です。
5時前に農園を出発し、扇沢に自転車をデポします。ここからは走行距離をチェック
しましょう。大町温泉郷まで下り9.7Km、そこから大谷原まで登り9.5Kmでした。
5:59 大谷原出発です。林道は砂利を敷き8月とは様変わりの整備状況です。
6:37 西俣出合到着。堰堤下のトンネルを過ぎ赤岩尾根の急登に掛かります。
足場がシッカリしており登り易い。高千穂平まで時間高度600mを目指して、心肺
機能限界の1歩手前まで頑張ることにする。
7: 57 高千穂平到着ですが、ツアー客50名近くが休憩中です、恐れをなして通過
します。下山後計算すると、720mの高度に80分掛かっていますから、時間高度540m
にしかなりませんでした。残念でした、ただ、前回の鹿島槍登山より21分短縮です。
赤岩尾根の稜線は紅葉がチラホラ始まっています。ここからは撮影モードに切り
替えです。
8:52 冷乗越に到着すると、剣岳が迎えてくれますが、強風も手荒く歓迎してくれます。
棒小屋沢の斜面は紅葉が綺麗です。
爺ヶ岳中央峰では小冷沢の源頭を観察しておきます。東尾根側に逃げればなん
とかなりそうな気がしますが...。
柏原新道の下りは平坦・単調で、それが逆に辛い下りです。山道整備には頭が下がりま
すが、これでは山道ではなく遊歩道です。単調が故に色んな掲示をするのでしょう。
12:16 扇沢に到着です。即自転車に跨り高速ですっ飛ばします。大町温泉郷到着。
これから、最後の一頑張りになります。高度差264m、距離9.5Kmです。
さすが疲れています。休憩を入れ、それ程でもない坂ですが押し歩きを入れ
やっとこさ、車のある大谷原到着です。
大町温泉郷の薬師の湯で汗を流して、農園へ帰ります。

反省:最初に自転車の登りを入れたほうが良かったかもしれない?
希望:この自転車活用法により、ピストン以外の登山方法が実践出来そうです。

<タイム>
5:59  大谷原
6:37 西俣
7:57 高千穂平
8:52 冷乗越
9:20 爺ヶ岳中央峰
10:02 爺ヶ岳南峰(下山開始)
12:16 扇沢
13:35 大谷原



HOME