頸城:金山

【山域】頸城:金山(2,245m)
【場所】長野県
【日時】2005年6月24日(金)
【コース】栃の樹亭 - 金山登山口 - 天狗原山 - 金山(往復)
【メンバー】単独
【装備】自転車
【地図】雨飾山、妙高山
【天気】晴



林間から雨飾山を望む




天狗原山から、金山と焼山




金山途中から、天狗原山を振り返る




金山山頂から、焼山・火打山



さんこう記録

2005年6月24日(金):先日の日曜日は、笹ヶ峰への林道が通行止めで、やむなく
雨飾に転進でした。今日は、自転車携行で金山に再挑戦です。
6:01 栃の樹亭下の林道を自転車で出発です。舗装された林道ですが、余り無理をせず、
急な坂道は押し歩きで体力温存です。自転車は下りで活躍してもらいます。
6:46 金山登山口に自転車をデポします。生憎、チェーンロックを忘れています
が、乗って行く人も居ないでしょう。登山道に入ると、のっけからブナの森の急登です。
ブナの巨木が林立し、日陰になり気持ちの良い登山道です。その分眺望は在りません。
1,800m前後、小さな沢筋が登山道ですが、雪が残っており、次の登山道を見つけ
るのに苦労します。特に下りでルートを失うのは危険なので、要所要所で、振り
返り、特徴を頭に叩き込みます。
一度森林帯を抜け、ガレ場と草付の急斜面をこなすと、又森林帯となります。
ヤットコサと稜線の雪田に到着、生憎、霞んでおり眺望は芳しく在りません。
9:43 稜線の緩やかな雪田を辿ると、天狗原山です。正面に焼山、火打が立派です。
妙高や西側の雨飾山は霞んでいます。天気は下り坂のようです。
金山へは、東側の雪面を辿って行けば藪漕ぎなして到着できます。フリートレックの
様なショートスキーだと楽しめそうです。
10:16 金山頂上に到着です。裏金山沢に滑り込んでみるのも楽しそうです。
10:32 霧も湧いて来そうなので、ルートを失わない為にも、早々に下山します。
10:58 天狗原山に到着。東に伸びる笹ヶ峰への尾根を偵察して置きます。
13:06 下りの辛さに耐え、登山口の林道に到着です。今回、タイツに膝のサポータを
着けており、雨飾登山のような苦痛は無かった。後は自転車での楽*2の
下りです。浅海川に掛かる橋を渡れば、僅かの登りで終了です。
13:19 栃の樹亭の駐車場に到着。全山貸切、登山者は私一人の静かな山旅でした。
後は、露天風呂へ直行です。今回もビールを水で冷やし乾杯です。
(但し、風呂上りに気付いたのですが、露天風呂での飲食禁止の
表示が在りました。ビールも今回が最後になります。)


<タイム>
6:01 栃の樹亭
6:46  金山登山口
9:43  天狗原山
10:16 金山頂上
10:32 金山頂上(下山)
10:58 天狗原山
13:06 金山登山口
13:19 栃の樹亭



HOME