蓮華大沢偵察

【山域】後立山:蓮華岳(2,798m)
【場所】長野県
【日時】2005年11月24日(木)
【コース】扇沢 - 大沢出合 - 大沢(1,800m?)(往復)
【メンバー】単独
【装備】
【地図】黒部湖
【天気】小雪



作業道入口(立入り禁止の表示が在りますが...、自己責任ですね!)




5号堰堤右岸の鉄梯子




5号堰堤上、右から赤沢が流入します。




6号堰堤を望む、正面台地上に大沢小屋(大沢小屋へは、ここで左岸へ渡渉です。)




6号堰堤過ぎから、正面に大沢(右は針ノ木雪渓)




大沢小屋




大沢のゴーロ



さんこう記録

2005年11月24日(木):山スキーMLで、針ノ木の山スキー(早川、深澤の超人ペアの)
記録に触発され、北面に位置する蓮華大沢の方が素晴らしいのでは?と思い偵察行です。
大沢迄は、夏道ではなく、春スキーで辿る作業道経由で行きます。(二度目の車道で、
対面の夏道に入らず、左に車道を100m程辿ると、川沿いの作業道に到着です。)
作業道は5号堰堤下で行止りです。右岸に鉄橋子が掛かっており、堰堤上に登れます。
上流では左岸から赤沢が流入します。赤沢と大沢の間には6号?堰堤が在ります。
大沢に取り付くには、右岸から乗越せますが、今回大沢小屋まで偵察です。
6号堰堤下で左岸に渡渉します。水も少なく一跨ぎで濡れることは在りません。
左岸の6号堰堤上に立つと、大沢小屋への道が在り、小屋手前10m程で夏道に合流です。
早川氏の云うとおり、水量が少ない時期は、夏道よりもこの作業道がお勧めです。
さて、これからが本番です。再度、針の木沢に下り、大沢に取り付きます。
ゴーロの沢で、まだ雪が少ないため落とし穴だらけで苦労します。
左岸段丘面に登り上げてみます。藪が煩いです。スキーも使えそうにありません。
二又までと思ったのですが気力切れです。諦めて引き返します。
もう20、30cmの積雪が欲しいですね。ゴーロで右膝が入ってしまい少し痛みます。
蓮華大沢の挑戦は持ち越しになりそうです。替りに八甲田山にしましょうか?

扇沢までの道路は、11月30日までです。扇沢から6.2km手前でゲートが閉まります。


<タイム>(正確な記録は取っていません、おおよその時間です。)
9:30?  扇沢
10:25  大沢小屋
11:45? 扇沢



HOME