月山

【山域】月山(1,984m)
【場所】山形県
【日時】2006年7月05日(水)
【コース】姥沢小屋 - 牛首 - 月山(往復)
【メンバー】単独
【装備】
【地図】月山
【天気】霧



霧の雪渓:虎ロープが頼りです。




牛首から月山、瞬間霧が晴れてくれました。




鍛冶小屋下から、牛首俯瞰




鳥海山と月山神社(ミニチュア・ラサ?)




山頂からの、鳥海山



途中で見かけた草花

さんこう記録

2006年07月05日(水):最後のスキーと、サクランボを目当ての月山です。
前日に志津まで入り、車中泊です。
05:28 姥沢小屋脇の登山道に入ります。生憎の霧と残雪で登山道を辿るのも
苦労します。初めての人は素直にリフトの利用をお勧めします。
1,540m辺り、リフトからの登山道に合流すると、虎ロープが張って有り安心です。
06:55 牛首に到着です。此処までは霧の為視界20mでしたが、この後は晴です。
山頂下、鍛冶小屋の建設作業?が始まっていました。夏限定の小屋なのでしょうか?
牛首から月山山頂部までお花畑が続きます。意外にも黒百合の多い山頂部です。
07:39 月山に到着です。月山神社を手前から望むと、まるでラサのミニチュア版
です。左手には鳥海山が雲の上に頭だけ覗かせています。
月山神社ですが、拝観料?500円だそうです。信仰心も有りませんからパスです。
北の三角点を踏み、登頂とします。
07:50 月山(下山)です。実は、牛首までスキーを担ぎ上げています。
牛首の急斜面(雪庇が在れば直良し)でジャンプターンのチェックをしようと
目論んだのですが生憎の霧です。眼鏡がすぐに曇ってしまいます。
スキーの練習は諦め、スキー下山です。姥沢の斜面はリフト乗場まで滑れました。
只、雪面はスプーンカットでスキーが波打ち、エッジが引っかかります。
物好きなだけの、今シーズン最後のスキーでした。
09:23 姥沢小屋に到着です。後は寒河江でサクランボを入手し、農園へ帰ります。

お昼過ぎ、農園の昆さんから電話が有りました。実は申し訳ないことに、
ご近所に残しておいた伝言ボードの日付が一日誤っていたのです。
予定の日に帰って来ない:遭難ではと心配しての電話でした。
反省しきりの、伝言ボード事件でした。

なお、高山植物は、後日UP致します。



<タイム>
05:28 姥沢小屋
06:55 牛首
07:39 月山
07:50 月山(下山)
09:23 姥沢小屋



HOME