オプタテシケ山

【山域】十勝連峰:オプタテシケ山(2,012m)
【場所】北海道
【日時】2006年7月24日(月)
【コース】白金温泉・林道入口 - 美瑛富士避難小屋 - べべツ岳 - オプタテシケ山(往復)
【メンバー】単独
【装備】
【地図】白金温泉、オプタテシケ山
【天気】霧、後雨



林道入口ゲート(営林署でKey_Noを聞けば車で入れますが、徒歩です。)




ナキウサギ?の子供




天然公園上から美瑛富士




霧の美瑛富士避難小屋




霧の山頂



途 中で見かけた草花

さんこう記録

2006年07月25日(月):今日はオプタテシケ山登山です。北海道は緯度が高い為、
昼間の時間が長いです。(3:30頃から薄明るくなり、PM.7時過ぎまで明るいです。)
04:31 林道入口ゲート前に車を停め出発です。(営林署にKey_Noを聞くのも面倒です。)
北海道の登山道は余り整備されて無く泥濘の道で足の置き場に神経を使います。
又、熊鈴を鳴らして歩く為、予想外に疲れます。下部は樹林帯で眺望は得られま
せん。天然庭園を過ぎれば視界も広がるのですが、生憎の霧で芳しく有りません。
その代わり、足元には高山植物が咲き誇っていて、目を楽しませてくれます。
07:42 美瑛富士避難小屋到着です。益々霧が深くなってきます。稜線鞍部で美瑛
富士への道と別れ、左のオプタテシケへの道を辿ります。石垣山からべべツ岳に
掛けての登山道の高山植物も見事です。只、霧が眼鏡を曇らせ、疲れます。
10:08 オプタテシケ山に、何とか到着です。風も冷たいので雨具の上を着込みます。
10:24 オプタテシケ(下山)です。困ったことに雨もパラパラ落ちてきます。
12:12 美瑛富士避難小屋に到着。小屋で雨具の下を履き、下草の濡れに備えます。
滑り易い泥濘の道をひたすら下ります。林道近く迄下ると雨も止んでいます。
15:16 林道入口にヤットコさと到着です。登山靴は泥だらけです。北海道の山は
標高差の割にはハードです。(時間高度400mなど、とても無理でした。)

吹上温泉で汗を流し、トムラウシ温泉へ移動です。



<タイム>
04:31 林道入口
07:42 美瑛富士避難小屋
10:08 オプタテシケ
10:24 オプタテシケ(下山)
12:12 美瑛富士避難小屋
15:16 林道入口



HOME