頸城:金山

【山域】頸城:金山(2,245m)
【場所】長野県
【日時】2006年9月25日(月)
【コース】金山登山口 - 天狗原山 - 金山(往復)
【メンバー】単独
【装備】
【地図】雨飾山、妙高山
【天気】晴



ブナ立尾根のブナ(下山時撮影)




1,741mピーク過ぎから、雨飾山




1,949mピーク手前から、大渚山と北アルプス




天狗原山から、焼山




天狗原山から、金山




金山から、焼山




金山から、焼山・火打山




金山から、雨飾山




金山から、天狗原山(下山時撮影)




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �



壁紙画像


さんこう記録

2006年9月25日(月):晴天の土日でしたが、人出を考慮し自宅待機です。
明けて月曜日、快晴です。頸城・金山に出かけます。
標高差1,100m未満ですから、のんびりと、農園を6時前に出発します。

07:02 金山登山口出発です。駐車場には車も無く、貸切の登山になりそうです。
ブナの林を快調に登ります。1,741mピーク過ぎでは木の間越しに雨飾山が望めます。
1,949mピーク手前のガレ場からは、大渚山、北アルプスの展望が拡がります。
09:34 天狗原山。登山道は山頂を東に僅かに巻いています。焼山、火打が立派
です。妙高方面になると、霞んでいます。
金山への登山道、夏と秋との高山植物が咲いています。今年は残雪が遅くまで
残っていたようで、夏の高山植物が多く残っています。
10:08 金山頂上に到着です。焼山・火打が立派です。茂倉尾根を50m程下って、
雨飾山を撮影して来ます。霞んではいますが日本海も見えます。
10:34 金山頂上(下山)です。裏金山谷、金山谷の山スキー偵察も怠りません。
13:00 金山登山口に到着です。さあ、露天風呂へ直行しませう。

今年は雪崩、土砂崩れに寄り、小谷温泉上部に進む事が出来ず、
久し振りの小谷温泉でした。(現在は仮橋が掛かり、通行可能です。)


<タイム>
07:02  金山登山口
09:34  天狗原山
10:08 金山頂上
10:34 金山頂上(下山)
13:00 金山登山口



【過去の記録】

HOME