飯豊山

【山域】飯豊山(2,105m)
【場所】山形県、福島県
【日時】2006年10月21日(土)
【コース】飯豊山荘 - 温身平 - 休場ノ峰 - 宝珠山 - 飯豊山(往復)
【メンバー】単独
【装備】自転車
【地図】長者原、飯豊山
【天気】曇りと霧



休場ノ峰から、宝珠山




尾根上の岩峰




谷筋の紅葉




烏帽子岳




飯豊山




山頂の霧氷




谷筋のオブジェ �




谷筋のオブジェ �




下山時、宝珠山を振り返る。



さんこう記録

2006年10月21日(土): 飯豊の北股岳は何度も登っているのですが、飯豊本山は未だ
登っていません。何か心が落ち着かず、何時か本山へ登らねばと思っていました、
しかも、本山に直接登り上げるダイグラ尾根の日帰りで。
前日、夕方に飯豊山荘の駐車場に到着し、車中宴会で明朝を待ちます。

05:19 飯豊山荘駐車場を、自転車で出発です。駐車場には未明に着いた車が4台、
出発準備中です。林道はほぼ平坦で快適サイクリングです。温身平迄と思ってい
た林道ですが、梅花皮沢を越えて玉川沿いに続きます2号堰堤まで続いていまし
た。ここで自転車をデポして出発です。沢沿いの登山道を10分程歩きます。
05:56 桧山沢出合に到着。立派なワイヤー吊橋が掛かっています。さあ急登の
山道です。下草も無く、良く踏まれた登山道です。
07:42 休場ノ峰に到着。三角点の標柱石が無残に横たわっています。
休み場の名の通り景色の良いところです。只、ガスの為視界は左程得られません。
ダイグラ尾根も宝珠山迄の視界で本山はガスの中です。西にはチラリと入り門内沢の
雪渓が望めます。
ダイグラ尾根、なかなか豪快な尾根ですね。急下降の後振り返ると立派な岩峰を
巻いていたことが判ります。ルート取りも見事です。
08:21 千本峰通過。尾根は痩せ尾根です、左の崩壊地の通過は要注意です。
普通の登山道だと、ロープや鎖、梯子等が設置されるであろう悪場にも何も
有りません。経験者向きの尾根です。
宝珠山手前に肩の標識が在りましたが、登山道は宝珠山の頂上を踏まず、左手を
巻いて行きます。この辺りからガスが濃くなってきます。
アップダウンは続きます。しかもガスですから、何か下っているような感覚に襲
われます。最後の鞍部を過ぎれば残り高度300mです、これが中々辛い。
さらに冷たい強風が吹き付けます。堪らず、雨具の上下を着込みます。
11:36 飯豊山頂上にヤットコサと到着。ガスで眺望は全く無しです。
飯豊山神社迄脚を伸ばします、緩やかな高原尾根ですが、木々には霧氷が付着
しています。寒いわけです。
11:50 飯豊山神社到着。風雪を避ける為か、倉庫の様な作りです。
12:11 飯豊山頂上(下山)です。ガスが眼鏡に付着し難渋します。
途中、4名の単独行に出会います。各々泊まりの様です。
宝珠山手前辺りからガスが晴れ始めました、ダイグラ尾根が見通せます。
鋸歯の難儀な尾根ですね。
14:43 千本峰通過。顕著な3つの岩峰を越えて下ります。
15:17 休場ノ峰到着です。此処からは下り一辺倒です。でも時間が大分掛かりました。
16:43 桧山沢出合到着。間もなく自転車デポ地点に到着です。後は楽ちん*2の
自転車です。
17:08 飯豊山荘駐車場に到着です。飯豊山荘の温泉で疲れを取り、次の登山口へ
向かいます。

何とか明るいうちに到着しましたが、反省点の多いダイグラ尾根の日帰りでした。
�山のスケールの大きさを考慮していなかった。(単純に時間400mで計算)
�アップダウンの厳しさを過小評価していた。
�自転車利用で1時間のタイム短縮が出来た為、結果的に明るいうちに下山できたが。
 登山時期を、日の長い時期にすべきであった。



<タイム>
05:19 飯豊山荘駐車場
05:56 桧山沢出合
07:42 休場ノ峰
08:21 千本峰
11:36 飯豊山頂上
11:50 飯豊山神社
12:11 飯豊山頂上(下山)
14:43 千本峰
15:17 休場ノ峰
16:43 桧山沢出合
17:08 飯豊山荘駐車場



HOME