後方羊蹄山

【山域】後方羊蹄山(1,898m)
【場所】北海道
【日時】2007年7月15日(日)
【コース】真狩登山口 - 真狩火口壁 - 後方羊蹄山 - 真狩火口壁 - 真狩登山口
【メンバー】単独
【装備】
【地図】羊蹄山
【天気】曇りと霧



真狩登山口




樺の林




樹間から、真狩の町




洞爺湖方面




真狩火口壁(お鉢回りの基点です。今回は右回り。)




後方羊蹄山(最高点)




真狩温泉から、後方羊蹄山(一日中、こんな雰囲気でした。)



さんこう記録

2007年7月15日(日): 台風接近の影響でしょうか、頂上付近はガスの中です。
頂上付近は厳しそうな雰囲気が在ります。

05:02 真狩登山口を出発です。私は、急な登り一辺倒は大好きなのです。
前半は、一時間に500mのペースで登れます。
樹間からは真狩の集落、ルスツの山、1,200m辺りからは洞爺湖が確認出来ます。
しかし、1,600m辺りから、冷たい霧雨が吹き付けます。眼鏡も曇り難渋します。
1,800mの火口壁に出る手前で、雨具の上を着用します。風対策です。

高度計の高度1,770mですが、真狩火口壁でしょう?霧で20m程度の視界しか在り
ませんが、前方は崖のようですから間違いないでせう。右回りに頂上を目指しま
す。岩尾根を辿る登山道です。霧と風でやむなく眼鏡を外します。
(私、裸眼視力0.1以下なのです。難渋します。)
喜茂別ルートに合流し、頭上のピークが頂上(最高点)と判明します。
08:42 後方羊蹄山に到着です。ガスで視界が在りませんから、証拠写真を撮って
お鉢回りを続けます。三角点(1,893m)に到着、先に数メートルの岩山が在ります。
最高点より高いのでは思い、登り上げると「最高点は喜茂別ピークです。」と
標識が立っていました。

この後のお鉢はなだらかですが、その分強風が吹き付けます。薙倒されそうです。
09:15 真狩火口壁に、やっと到着です。「行きはよいよい、帰りは恐い」の急な
下りです。膝の負担を軽くする為、極力スローペースで下ります。
11:34 真狩登山口に到着。真狩温泉へ直行です。

<今日の温泉>: 真狩温泉


<タイム>
05:02 真狩登山口
08:42 後方羊蹄山
09:15 真狩火口壁
11:34 真狩登山口



HOME