鹿島槍ヶ岳

【山域】後立山・鹿島槍ヶ岳(2,889m)
【場所】長野県
【日時】2007年9月13日(木)
【コース】大谷原 - 西俣出合 - 冷乗越 - 鹿島槍ヶ岳(往復)
【メンバー】単独
【装備】MTB
【地図】神城、十字峡
【天気】晴れ後、霧



赤岩尾根から、鹿島槍�




赤岩尾根から、鹿島槍�




稜線から、剣岳




布引山から、鹿島槍




布引沢を覗く(布引沢、もしくは左の鎌尾根をスキーで滑りたいのです。)




鹿島槍山頂から、鹿島槍北峰(雪田辺りが、北俣本谷滑降のスタート地点です。)




鹿島槍山頂から、五龍岳




鹿島槍山頂から、爺ヶ岳




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �




高山植物 �



さんこう記録

2007年9月13日(木):二度寝をしたお陰で寝過ごしてしまいました。
山頂は無理でも、行けるとこまで登りませう。

07:12 大谷原をMTBで出発です。この林道一度も乗り通したことが有りません。
今回も2度ほど押し歩きです。下りに期待です。
07:49 西俣出合に到着。上流の堰堤下にはダンプ用の道路工事が成されています。
上流に新たな堰堤を作るのでしょうか?土建王国ですね!
赤岩尾根は急登ですから好きです。頑張りませう。
09:19 高千穂平に到着です。ここまで2時間チョットですから、頂上には
12時ころには到着できます。頑張った甲斐があります。

赤岩尾根に立つと、鹿島槍の南壁が手にとるように望めます。北俣本谷、
鎌尾根。スキーで下るにはこの数年が限度でしょう、むむ...。
10:20 冷乗越に立つと、正面に剣岳が迎えてくれます。少し残念なのは、
空気の冴えが無く朧な感じがする事です。

布引山辺りは高山植物が多いのですが、この時期は高山植物もお終いです。
この後は、紅葉を待つばかりです。紅葉が来れば雪も直ぐです。
雪の季節が待ち遠しいです。
鎌尾根分岐で布引沢等を覗いておきます。斜度的にはなんとかなります。
問題は、雪庇の出来具合です。こればかりはその場でないと判りません。

12:06 鹿島槍ヶ岳南峰に到着です。冷乗越から此処まで意外に時間が掛かりました。
先ずは、北峰を望みます。吊尾根の雪田辺りが北俣本谷のスタート地点です。
五龍方面は安曇野側にガスが湧いています。立山・剣方面はもやっています。
12:26 鹿島槍ヶ岳(下山)です。信州側からガスが湧いて来ます。
雷雨の可能性は無さそうなので、膝を庇った下りに徹します。
13:45 冷乗越を通過、周りはガスに覆われます。淡々と下るだけです。
15:39 西俣出合に到着です。後はMTBです。楽勝です。
15:52 大谷原に到着。MTBはやはり早いです、林道はこれに限ります。


<タイム>
07:12 大谷原
07:49 西俣出合
09:19 高千穂平
10:20 冷乗越
12:06 鹿島槍ヶ岳
12:26 鹿島槍ヶ岳(下山)
13:45 冷乗越
15:39 西俣出合
15:52 大谷原



HOME