十石山

【山域】乗鞍:十石山(2,524m)
【場所】長野県
【日時】2005年02月28日(月)
【コース】白骨温泉 - 十石山 (往復)
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm, ディアミール・フリーライド, ガルモント-Gフィット
【地図】乗鞍岳、梓湖
【天気】下部晴れ、上部小雪



林道からの取付き地点




尾根上:疎林とは言えず、樹木が少しうるさい。




頂上部は広く、這い松が凍っています。(生憎の天候でハッキリしませんが...)




無事下山、料金所脇の我が車とポケロケ




スーパー林道から、霞む十石山と滑降尾根(奥)



さんこう記録

2005年02月28日(月):農園の雪祭りや、確定申告の為、埼玉へかえったりして
このところ山スキーに出かけていません。GPSを購入したこともあり、山スキー
に出かけます。晴天の予報の乗鞍山域の十石山(2,524m)にします。
4時過ぎの起床予定が、5時過ぎに成ってしまいます。今朝の気温-12.5度です。
5時40分出発です。6時過ぎには明るくなってきます。北アルプスが綺麗です。
白骨温泉の料金所脇に車を停め、7:55 シールで出発です。
取付き口は昨年確認していたこともありますが、昨日のトレースがあり、
間違えることも出来ません。斜面に入って愕然とします、雪面が凍結しています。
やむなくスキーアイゼンを付けます。それでも気を使います。
1,530m地点から斜面に取付きますが、新雪にシールがスリップします。
一度壷脚を試してみましたが表面のクラストした雪面を破ってしまいます。
辛抱のシール登行です。
ポイント・ポイントでGPSの電源を入れて確認してみますが、正確ですね!
頼り切った場合、GPSが故障(or 電池切)した時が逆に危険になりそうです。
やはり、お守り+αの利用が良いのかもしれません。
1,800mから2,300m迄、意外と林がうるさいです。本当に山スキー向きの
山でしょうか?下部は晴ですが、2,050mからの尾根上は風が強く、小雪も
舞います。指の先が寒さでジンジンします、手袋を新調しましょう。
2,400mからは直接山頂を目指さず、左よりの稜線を利用して、頂上を目指します。
頂上直下は這い松とクラストした雪です。辛うじてスキーアイゼンの跡が残ります。
頂上部は広く山頂はハッキリとしませんが、一番高そうなところを山頂とします。
天気も悪く、十石小屋は判りません。探す事もこの天気では無理です。
早々に下山開始です。風が強く、しかも低温です。シールを剥がすのにも苦労し
ます。嗚呼、シールをしまう袋を飛ばしてしまいます。
スキーを履き、GPSでルートを確認します。でも、雪はクラストして横滑りしか
出来ません。何とか這い松とクラスト斜面を越えますが違う方向に追いやられました。
再度ルート確認の後、滑り込みます。森林帯に入ると新雪となり、楽になります。
ツリー滑降です、でも樹が多すぎます。快適とは云えません。
2,050m地点以降は昨日のトレースにスキーを取られない様に気をつけて滑ります。
13:54 無事、白骨温泉に到着です。雪質に苦労させられた山スキーでした。
<タイム>
7:55   白骨温泉
12:30  十石山
12:55 十石山(下山開始)
13:54  白骨温泉



HOME