初雪山

【山域】北ア北部:初雪山(1.610m)
【場所】富山県
【日時】2005年03月15日(火)
【コース】大平 - 滝淵 - 山頂(往復)
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm, ディアミール・フリーライド, ガルモント-Gフィット
【地図】親不知、小川温泉
【天気】薄曇り



大平林道から、朝焼けの初雪山




大平トンネル、林道の状況はこの様な状況です。




寝入谷に掛かる橋を渡ると、尾根末端です。




左が三角点の在る、初雪山です。
登りは、右側にルートを取りましたが、下りは、三角点の初雪山頂上から、
北東に伸びる稜線(画像左稜線)から、手前(撮影位置)に滑って来ました。




大地山からの稜線です。




頂上からの、白鳥山




頂上からの、富山湾




頂上からの、剣岳と毛勝山(カシミールで判断)




頂上からの、栂海新道[北から]�:(白鳥山)




頂上からの、栂海新道�




頂上からの、栂海新道�:犬ヶ岳




頂上からの、栂海新道�




頂上からの、栂海新道�:サワガニ山?(背後は黒負山)




頂上からの、栂海新道�:朝日岳




白鳥山からの初雪山[2005.03.06](これを見れば、行かざるを得ませんでした!)
右手前に伸びる3本の尾根の内、右端が今回のルートです。



さんこう記録

2005年03月15日(火):白鳥山からの初雪山を見れば、山スキーに出掛けざるを
得ません。今日は長丁場なので、4時前に出発です。大平には6時前に到着です。
大平林道は除雪されていません。高度約60m、廃校脇からシールで出発します。
除雪されていないのは良いのですが、沢からの水で林道の雪が融けています。
頻繁にスキーを外す羽目に成ります。これだけで相当参ります。
更に、トンネル・スノーシェッドの出入り口の雪の壁、林道の急斜面に泣かされ
ます。初雪山の最初の試練は林道です。
7:40 なんとか寝入谷に到着します。次の試練は取付き尾根の急斜面です。
取付きを何とかこなし、600m近くになると、疎林+程よい斜面に一変します。
これでなくては初雪山ではありません。天国への斜面が1,350m近く迄続きます。
ラッセルも足首程度、雪は軽く苦に成りません、左手には、白鳥山から
犬ヶ岳の栂海新道の稜線が白く続きます。
お次は三番目の試練が待っていました。本当は、1,350m辺りから東にルートを取り
三角点初雪山から北東に伸びる稜線に向けてトラバースしたいのですが、
生憎、頂上稜線の雪庇からブロック雪崩が出ています。やむなく直進です。
急斜面です、何とかシール登行を続けますが、クラスト斜面の上にパックされた
雪が2cm程乗っているだけです。シールでは危険です。スキーアイゼンでも
やばい斜面です。やむなくアイゼン歩行に切り替えます。なんとか安全地帯に到着です。
この後の稜線伝いもスキーでは厳しそうです。西斜面に雪が着いています、
スキーでトラバースを試みます。やはり部分的にクラスト急斜面が現れ、アイゼン
歩行を余儀なくされます。潜りますが苦労しながら三角点初雪山と初雪山の間に
登り上げます。稜線はクラスト斜面でそのままアイゼン歩行で問題ないのですが、
最後はやはりスキーで登頂いたします。13:00 の到着です。
頂上からは360度の展望です。まず目が行くのは朝日岳から白鳥山へ続く栂海新道です。
北には日本海、北西には黒部扇状地と富山湾その先に能登半島が霞んでいます。
南西には僧ヶ岳から毛勝山が見えているはずですが山座同定が出来ません。
13:15 時間も気になりますので、早々に下山です。三角点の初雪山頂上から、
北東尾根に滑り込み、西に向け登りルートにトラバースするコースを取ります。
良い雪質です、大回りターンで楽しみます。登りルートに到着です。
この後の尾根が素晴らしいです。パウダーとは云えませんが膝上迄雪が舞い上が
ります。ポケロケの独壇場です。
(楽しみの後には、苦労も在りました。簡単に触れますと、尾根末端の下りと
林道の処理でした。)でも今では楽しいことしか記憶にありません!
今回も帰りに寄り道をし、栄え食堂でタラ汁(1,050円)を頂きました。

<タイム>
6:02   大平
7:19   滝淵
7:40   尾根末端(寝入谷出合)
13:00  初雪山
13:15 初雪山(下山)
14:00  尾根末端(林道到着)
15:52 大平



HOME