爺ヶ岳南峰(扇沢)

【山域】後立山:爺ヶ岳南峰(2,660m)
【場所】長野県
【日時】2005年04月10日(日)
【コース】扇沢出合 - 扇沢の要 - 稜線 - 爺ヶ岳南峰 - 扇沢の要 - 扇沢出合
【メンバー】単独
【装備】バンディット B1 150cm, ディアミール・T3, ガルモント-Gフィット
【地図 神城、大町、十字峡、黒部湖
【天気】晴れ



右頂上が爺ヶ岳南峰、収斂するところが「扇沢の要」(1,729m)。下部に滝が現れています。




「扇の要」(1,729m)から、左の本流上部を仰ぐ。




種池山荘近くの稜線から、蓮華岳(丸石沢を偵察)




種池山荘近くの稜線から、針の木岳




種池山荘近くの稜線から、剣岳




種池山荘近くの稜線から、毛勝三山




爺ヶ岳南峰山頂から、鹿島槍




爺ヶ岳南峰山頂から、爺ヶ岳中央峰と北峰




爺ヶ岳南峰山頂から、立山




爺ヶ岳南峰山頂から、針の木岳




「扇沢の要」上部の直登ルンゼ(仮称)の滝:左岸に何とか雪が付いていました。



爺ヶ岳からの北アルプス

さんこう記録

2005年04月10日(日):立山・黒部アルペンルートが今日開通とのことです。
天候も午前中は良さそうなので、半日コースの爺ヶ岳にします。
この時期だと扇沢の滝も埋まっているのでは?そうすれば、爺ヶ岳南峰から
ストレートに扇沢に降りれます。ゲートが開くのが6時丁度、30分程度待たされ
ましたが、6:11 に扇沢出合を出発。右岸の林道を辿ります。最終堰堤下は雪で
埋まっているため、左岸に渡り堰堤を乗越します。右岸はデブリがうるさく、
概ね左岸を辿ります。扇沢の滝は頭を少し現わしていますが、左岸に雪が付いて
いるので滑降には問題なさそうです。7:18 扇の要(1,729m)地点に到着です。
前回は直登しましたが、今回は左手の本流を遡行してみます。
沢をしばらく辿り、右手の斜面に取り付きます。下部はシールでこなしましたが
上部は壷脚で登り上げます。稜線直下で再度シールに履き替えます。
10:06 種池山荘脇の稜線に到着です。今日も剣岳が出迎えてくれます。
山頂下の斜面を2名の山スキーヤーが登っていました。山頂下の肩の部分で
休憩中のお二人に追いつきます。伊那(後日、メールを頂き堀米さんと判明)と
駒ヶ根のお二人でした。爺山頂から白沢を滑り、矢沢に入り、爺ヶ岳スキー場に
下るとの事でした。これは、大変ショックなルートでした。このようなルート
設定が在るとは目から鱗の感じでした。10:50 爺南峰頂上に到着、白沢上部を
少し滑ろうかと思いましたが、止めます。山頂から扇沢へストレートに滑り降り
ます。上部の快適斜面は先のお二人が楽しんでいます。登り返しで休んでいる
お二人と少しお話をして、私は下部の滝を目指します。滝頭が現れていますが、
左岸には雪が付いているのでこれを利用して下ります。下部は狭く、雪質も悪く
デブリもあり楽しめませんでした。ただ、こだわりだけの滑降でした。
扇沢に入り、緩斜面を流して扇沢の橋に到着です。11:47 半日コースの爺でした。

<タイム>
6:11   扇沢出合
7:18  扇の要(1,729m)
10:06  稜線
10:50  爺ヶ岳南峰頂上
11:10  爺ヶ岳南峰頂上(下山)
11:47  扇沢出合



HOME