赤沢岳(直登ルンゼ)

【山域】後立山:赤沢岳(2,677m)
【場所】長野県
【日時】2005年05月08日(日)
【コース】扇沢 - 赤沢出合 - 赤沢岳 - 直登ルンゼ - 扇沢
【メンバー】単独
【装備】バンディット B1 150cm, ディアミール・T3, ガルモント-Gフィット
【地図 黒部湖
【天気】晴れ



赤沢出合から、赤沢岳(正面左が直登ルンゼ、右雪原のピークが2,038m)
登路は大きく右に巻き2,038mピークの右に出て、鳴沢岳沿いのルンゼを詰め、左雪面に移り、頂上へと登ります。




赤沢出合から、蓮華大沢右俣




鳴沢岳赤沢ルート(上部左に稜線へのルンゼがあります。)




2,300mあたりより、2,038ピークを見下ろす。




2,300mあたりより、上部を仰ぐ(左にカーブしながら上る)




2,500mあたりより、蓮華岳




頂上より、爺ヶ岳




頂上より、鹿島槍・五竜




頂上より、剣岳




頂上より、立山




頂上より、薬師岳と黒部湖




頂上より、黒部源流の山々




赤沢出合より、針ノ木雪渓




赤沢岳直登ルンゼ(左端ルンゼ):蓮華大沢出合より撮影[2005.05.18]



さんこう記録

2005年05月08日(日):このゴールデンウィークは所用があり、山スキーには出かけられませんでした。
この鬱憤を晴らすため、今日は赤沢岳と蓮華大沢右股の継続?山スキーです。
累積高度約2,500mに挑戦しようと思います。
4:58 扇沢を出発です。車道から篭川の林道に入ると雪が付いています。
最初の堰堤を越えてから、シール歩行にします。早朝の為、雪面はクラストしています。
5:38 赤沢出合到着。正面に針の木雪渓、右には赤沢岳、左には後半の蓮華大沢右股が見渡せます。
赤沢にも昨日の山スキーの跡が残っています、まずは右手雪原の2,038mピーク右を目指します。
6:55 2,038mピーク右の2,000m地点に到着。鳴沢岳への雪面が白く広がっています。
2,000m過ぎで、シールからアイゼン歩行に切り替えます。アイゼンが心地よく効きます。
2,500m前後から、朝日に照らされ、雪面が少し腐り気味に変わります。
稜線に到着すると、剣岳がお出迎えです。少し稜線の雪面を辿り、夏道が出た地点でスキーをデポします。
9:02 夏道を5,6分たどると赤沢岳頂上です。今日も良い天気、360度の大展望です。
9:10 今日は蓮華岳を登る予定ですから、早々に下山に掛かります。
スキーデポ地点に戻り、スキーの準備をします。当初は往路を戻る予定でしたが、
肩直下の斜面がおいでおいでをしています。直登ルンゼです。
9:25 直登ルンゼへの斜面に飛び込みます。雪質はザラメで、快適なスキーです。
岩門手前で昨日のシュプールに出会います。問題の幅3m程の岩門です、横滑りでこなします。
この後転倒し、大腿を打った為、蓮華岳へのスキーは取り止めです。
10:03 赤沢出合到着。後は扇沢を目指します。
10:28 扇沢に到着。反省すべき点の多い山スキーでした。

<タイム>
4:58   扇沢
5:38  赤沢出合
6:55  2,000m地点
9:02   赤沢岳
9:10   赤沢岳(下山)
9:25  肩より、スキー開始
10:03  赤沢出合
10:28  扇沢



HOME