旭岳北面

【山域】後立山:旭岳(2,867m)
【場所】富山県
【日時】2005年05月25日(水)
【コース】猿倉 - 白馬尻 - 村営頂上宿舎 - 旭岳 - 柳又谷 - 村営頂上宿舎 - 猿倉
【メンバー】単独
【装備】バンディット B1 150cm, ディアミール・T3, ガルモント-Gフィット
【地図 白馬岳、白馬町、黒薙温泉、欅平
【天気】霧、後晴れ



大雪渓から白馬岳を仰ぐ:2号雪渓?。




大雪渓を仰ぐ。




大雪渓の俯瞰。




避難小屋から、杓子の岩峰。




稜線から、立山・剣。




旭岳東面。




旭岳山頂から、杓子・鑓ヶ岳(頂上から清水谷に飛び込みたい。)




旭岳山頂から、柳又谷(背後に雪倉岳)




柳又谷源頭から、旭岳東面




柳又谷源頭。



さんこう記録

2005年05月25日(水):晴天の天気予報を信じ、4時半過ぎ、一路猿倉をめざします。
900m辺りからは霧雨で路面が濡れていますが、予報を信じましょう。
5:25 猿倉を出発します。上空は時折、晴れ間が見えます。高度を上げれば、ガスを
突き抜けるでしょう。
6:34白馬尻到着、山小屋の礎石の掘り出しがほぼ完了の状態です。
大雪渓もデコボコが激しい上、ガスも時たま晴れる状況です、シール登行の
ルート選択に少し気を使います。2,000m辺りで右脚シールがすっぽり剥がれてしま
います。少し早めですが壷脚で登り上げます。
9:38 避難小屋に到着、斜度も緩みますのでシール歩行にします。シールを揉み、
粘着力を回復させ、さらにテールにはガムテープを巻き補強します。なんとかOKです。
10:40 村営頂上宿舎に到着。小屋では除雪作業に拍車が掛かっています。
稜線に登り上げ、旭岳を目指します。左手には剣・立山が望めます。毛勝三山は
ガスで今一つの眺望です。旭岳東面なかなか急ですね!只、標高差が...。
11:31 旭岳山頂です。先日の新雪のおかげもあり、シールで登り上ました。
山頂からは、杓子・鑓ヶ岳、清水岳、柳又谷源頭、雪倉・朝日岳が一望のもとです。
今日もヘルメット持参ですが、東面は自重します。北面を目指します。
北面は、新雪も滑り易く快適な中斜面です。登り返しが在りますので程々の地点で
切り上げます。
12:19 柳又谷・約2,400m辺りからシールで白馬岳稜線を目指します。
さすが、累積標高差2,000m近くなると疲れてきます。
13:36 村営頂上宿舎上部の稜線にヤットコサと到着、此処からはスキーでの下りです。
もう、登りは有りません。楽勝です!
14:46 猿倉の駐車場に無事到着です。後は温泉へ一直線です。

<タイム>
5:25   猿倉
6:34  白馬尻
9:38   避難小屋
10:40  村営頂上宿舎
11:31  旭岳
11:58 旭岳(下山)
12:19  柳又谷(2,400m?)
13:36 村営頂上宿舎
14:46  猿倉



HOME