権現山

【山域】権現山(1,222m)
【場所】長野県
【日時】2005年12月30日(木)
【コース】新行公民館 - 権現山(往復)
【メンバー】単独
【装備】バンデットB1 150cm, ディアミール・チターナル3, ガルモント-Gフィット
【地図】高府、日名、神城、大町
【天気】曇り



歩くスキー(鐘の鳴る)コース:まだブッシュが出ています。




林道:癪なことに車の跡が在ります。



さんこう記録

2004年12月30日(木):昨夜から雪が降り続いているもようです。
未明には、この冬初めての除雪車の出動です。除雪車の回転鐙とチェーンの音が
雪の深さを感じさせます。眠りを妨げられるのではなく、心地よい響きです。
夜明け、積雪は20〜30cm程です。視界が良ければ白馬乗鞍岳、悪ければゲレンデ。
準備をして8時前に出発です。残念ながら、北アルプスはガスっています。
五竜スキー場で新雪狙いにします。勿論ポケロケの出番です。
でも、新雪はあまり上手くありませんね、楽しかったのですが経験不足ですね。

午後、ラッセル訓練を兼ねて、里山:権現山(1,222m)の山スキーです。
癪なことに、林道には車の跡があります。積雪30〜50cmを苦にしないでトレース
しています。ここまでくればアッパレとも思えます。
ラッセルは前半クルブシ程度、後半はフクラハギあたり。少しはトレーニングになった
でしょうか? 下りはスキーが滑らないため、車の轍を利用します。
登りでは悪態を突いていたのに、手の平を返す感じが少々情けない。



<タイム>
14:30  新行公民館
16:00  スキー開始 
16:20  新行公民館



HOME