金山・南南西尾根(1,400m)

【山域】金山(2,245m)
【場所】長野県
【日時】2006年01月09日(月)
【コース】栃の樹亭 - 浅海川960m橋 - 金山・南南西尾根(1.400m)[往復]
【メンバー】単独
【装備】シュガーダディ 153cm, ディアミール・XP, ガルモント-Gフィット
【地図】雨飾山、妙高山
【天気】晴天



栃の樹亭前の駐車場から、笹ヶ峰への林道は2.5mの雪壁です。(栃の樹亭から入りました。)




浅海川に架る橋と、南南西尾根




中海川の湿原(今は雪原)から、雨飾山




南南西尾根に辿り着いてから、雨飾山




南南西尾根:1,400m地点より、天狗原山(手前は内院)




大海川・取水堰辺りより、雨飾山



さんこう記録

2006年01月09日(月):好天が予想されます。4時には目覚ましが鳴りますが、
気力不足です。雪が舞っていてくれたら...と思状態です。
再度、布団に潜り込みます。それでも天候が気になり、7時前に起床。晴天です。
7時45分農園を出発します。白馬乗鞍か、予定通りの金山・南南西尾根です。
逡巡しますが、静けさを取り、金山偵察にします。9時頃栃の樹亭到着。
9:14 駐車場出発、林道入口は2.5m程の雪壁です。一度栃の樹亭まで上がり、
林道に滑り込みます。トレース無し、一人旅が楽しめます。
9:30 浅海川に架る橋(960m)手前から即、浅海川に入り込みます。
ラッセルは膝下です。浅海川から、南南西尾根下部の杉林に登り上げますが、
なかなか急で汗をかかせてくれます。過去2回、南南西尾根取付きを忠実に辿ったのですが
大変苦労しました、12月の雨飾山(P3)スキーで偵察しておいた、中海川湿原
から取り付くルートを辿ります。(1,200m地点を頂点とする三角形の左辺に当る
尾根です。)こちらの尾根は程々の広さが有り、ジグが切れます。でも膝程の
雪でラッセルに苦労させられます。何とか尾根に登り上げますが、尾根は風の為
うねっています。登りも大変ですが、下りも楽しめそうにありません。
13:17 午後1時を過ぎました、高度も切りの良い1,400m辺り、今日は此処までです。
13:35 下山開始です。少し尾根を辿りますが、程なく右手に中海川の支沢が現れ
ます。雪崩の危険性も無く、見過ごす手はありません、パウダーを頂きましょう!
アー感激、スプレーが舞い上がります、シュガーダディが浮きます。
一箇所、雪崩れそうな急斜面に遭遇しますが、何とかトラバースしてやり過ごします。
テールを沈めて、パウダーです。山スキー至福の時です。でも短いですね!
中海川雪原の取り付き尾根に到着です。帰りは、中海川から大海川に下り、取水堰
を経て、浅海川の橋手前に到着です。此処でシールを再度貼り、栃の樹亭迄一登り
です。
14:44 栃の樹亭・駐車場に到着。膝上ラッセルを堪能しました。
もっとも時間高度100m未満とは...。厳しいですね!
栃の樹亭の庭先を借りた手前、温泉をと立ち寄ったのですが。なんと停電で、
温泉のお湯が出ないとのこと、雪国での営業も大変ですね!次回ですね。
(小谷温泉から栃の樹亭までの、除雪は栃の樹亭単独で実施しているとのこと。
その恩恵を受けている手前、知らぬ振りも出来ませんよね!)



<タイム>
09:14  小谷温泉(栃の樹亭) 
09:30  浅海川の橋(960m)
13:17  金山・南南西尾根(1,400m)
13:35  下山開始
14:44 小谷温泉(栃の樹亭)



HOME