三岩岳(1,800m)

【山域】奥会津:三岩岳(2,065m)
【場所】福島県
【日時】2006年01月21日(土)
【コース】葭ヶ平スノーシェッド下入口 - 下大戸沢 - 三岩岳南東尾根・枝尾根(1,050m) - 三岩岳南東尾根(1,800m)[往復]
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm, ディアミール・フリーライド, ガルモント-Gフィット
【地図 桧枝岐、会津駒ヶ岳
【天気】晴れ



下大戸沢下部:広々とした沢です。




1,000m過ぎより、稜線と三岩岳南東尾根・枝尾根(右)を望む。




三岩岳南東尾根・枝尾根:下部は広々としており、疎林です。




大戸沢岳�




大戸沢岳�




大戸沢岳と三岩岳の稜線




三岩岳南東尾根1,800m地点を仰ぐ、左奥が三岩岳?




三ッ岩沢の支沢:オープンバーンです!(上部を滑ったのですが、平衡感覚を失い、林に逃げ込む!)




大戸沢岳




大戸沢岳と三岩岳の稜線



さんこう記録

2006年01月21日(土):免許の更新に埼玉に帰り、その脚で20日、桧枝岐へ向かう。
車中泊の場所を確保出来ず、やむなく高畑スキー場の駐車場で泊る。これが失敗で
した。土曜のスキーを目指して、夜中に車が到着。防寒の準備をしていないので
しょう、一晩中車のエンジン音が続きます、眠りを妨げられます。
5時に目覚ましは鳴りますが、起きられません。7時過ぎ、車を移動させます。
葭ヶ平の除雪・排雪跡に車を停めます。今日も偵察で終りですね!
8:00 葭ヶ平スノーシェッド下入口を出発します。雪面は2mの雪壁ですから、
アプローチ場所の選択は重要です。スノーシェッド入口はわずかにスロープに
なっており、雪面に登り上がれます。ラッセルは足首程度です。
下大戸沢、広い沢です。一部水が出ていますが、随所にスノーブリジがあり、
ルート取りは難しくありません。右岸にラッセル跡が在ります、クロカンです。
大戸沢岳に取付いていました。私は下大戸沢を詰めて行きます。
1,050m地点辺りから、三岩岳南東尾根・枝尾根に取付きます。下部は緩やかな
尾根、しかも疎林です。1,350m辺りより少し尾根も狭くなりますが、登下降には
全く問題ありません。しかし風が強くなります。雪面も一部クラストしてきます。
クトーを装着します。ブリザードが難儀ですね。稜線上を避け、側面を辿ります。
大戸沢岳から三岩岳の稜線は良く見えますが、三岩岳が特定できません。
上部には三岩岳南東尾根1,800m辺りが望めます。左側には三ッ岩沢の支沢が白く
続いています。下りはこのルートでしょう。
1,800m手前、急な斜面の為頻繁にジグを切ります。この為か、右足シールが剥が
れ始めています。この低温では再度の貼り付けは望み薄です。ここらで撤退です。
風も強く、シールを剥がすのも苦労します。何とか準備完了。
12:12 三ッ岩沢の支沢に飛び込みます。新雪です!でも何かおかしい、斜面が
良く判ら無いのです!下っているのか登っているのか?スピード感等は判るので
すが、白一色で目からの情報が無く、平衡感覚がおかしくなっています。
立ち木の在る、登りに使った尾根に逃げ込みます。尾根では大丈夫です!
尾根も樹間も広く、ブナのツリーランが楽しめます。
下大戸沢に降り立つと、クロカン跡が在ります、2名は入ったようです。
好きな人は良く知っていますね!
12:42 葭ヶ平スノーシェッド下入口に無事到着。

<タイム>
8:00   葭ヶ平スノーシェッド下入口
9:10   三岩岳南東尾根・枝尾根取付点(1,050m) 
12:12  三岩岳南東尾根(1,800m)
12:42 葭ヶ平スノーシェッド下入口



HOME