雨飾山(P3)

【山域】雨飾山(1,963m)
【場所】長野県
【日時】2006年02月10日(金)
【コース】小谷温泉 - 雨飾山キャンプ場 - 雨飾山P3(1.510m)[往復]
【メンバー】単独
【装備】シュガーダディ 153cm, ディアミール・XP, ガルモント-Gフィット
【地図】雨飾山
【天気】快晴



金山の中海川:滝も無く、滑降意欲をそそられます!




鎌池分岐点から、雪原とP5




オブジェ




大海川上流、大倉沢 ; 左稜線:茂倉尾根




北アルプス北部、先日の 蒲原山への斜面も読み取れます。




P3(画像下部)から、雨飾山とP2(右の雪のドームがP2で:厳冬期山スキーでの到着点です。)




P3から、金山・天狗原山



さんこう記録

2006年02月10日(金):晴天が予想される為、平湯からの十石山を計画していたのですが、
気力不足です(この所重症気味です。)、4時前の目覚ましは無視して二度寝です。
8時過ぎ、勝手知ったる領域の雨飾山にします。一路、小谷温泉に車を走らせます。
09:37 栃の樹亭前をシールで出発です。トレースは当然無し、ふくらはぎ強の
ラッセルです。林道の一部はショートカットです。
快晴でもあり、上半身はアウター無しですが、ラッセルに汗をかきます。
11:35 雨飾山キャンプ場(登山口)に到着。ワセ沢を渡り、すぐの尾根に取り付きます。
二度目のルートですからルート取りはOKです。でも雪が重く難渋します。
13:50 P3(1,510m)に到着。今回も此処までです。私し、厳冬期にP2迄登れるのでしょうか?
前回と比べラッセルが辛く、時間が有っても、今回P2迄登れたか疑問です。
14:05 シールを剥がし滑降です。湿った重い新雪ですが、テールを沈めた滑りが
有効です。シュガーダディが浮きます。至福の時です(この為の登りですから)。
あっという間に、大海川の平原に到着です。楽しみは短いです!
林道に辿り着き、ヒールフリーで下ってゆきます、スキーが滑らず苦労します。
15:11 栃の樹亭駐車場に、ヤットコさ到着です。前回と比べ辛いラッセルでした。



<タイム>
09:37  小谷温泉(栃の樹亭) 
11:35  雨飾山キャンプ場(登山口)
13:50  P3(1,510m)
14:05  下山開始
15:11 小谷温泉(栃の樹亭)



HOME