鍋倉山

【山域】鍋倉山(1,288m)
【場所】長野県
【日時】2006年02月21日(火)
【コース】温井 - 鍋倉山(1.288m)[往復]
【メンバー】単独
【装備】シュガーダディ 153cm, ディアミール・XP, ガルモント-Gフィット
【地図】野沢温泉、猿橋
【天気】曇り



朝霧の温井集落(田茂木池手前より)




鍋倉山と関田峠に続く稜線(田茂木池より:下山時撮影)




鍋倉山:右手の尾根を登り、その左の谷を滑ります。(田茂木池より:下山時撮影)




尾根上のブナ林:950m辺り




頂上から、関田峠に続く稜線




頂上から、妙高・火打




ブナの巨木�(森太郎かな...?)




ブナの巨木�と上部ブナ斜面




同じ位置より、下部ブナ林




ブナの巨木�(森姫かな...?)



さんこう記録

2006年02月21日(火):月曜日予定の鍋倉山でしたが、今日に順延です。
6時半、農園を出発します。高速道路を使ったこともあり、温井集落の除雪
終了点には8時半前に到着します。2台の車が停まっていました。
08:35 温井集落(560m地点)出発です。林道をショートカットして、田茂木池
西を目指します。林道に到着すると、雪に埋もれた温井集落が朝霧の中に浮かび
ます。田茂木池の西を進みます。正面左手に鍋倉山、それより右に関田峠に続く
稜線が霧の晴れ間に顔を覗かせます。ラッセルは無いに等しい程雪が締まってい
ます。800m辺りより尾根に取付きます。やや急ですがシール登行は楽勝です。
1,000m辺り、ブナの巨木:森姫が在ると聞いていたのですが判りません。
仕方なく、尾根を忠実に登り上げます。下りに、左の谷に滑り込む予定です。
10:53 鍋倉山に到着、ガスで眺望は余り良くありません。時折、ガスが切れる
ので、関田峠方面や妙高・火打方面を撮影します。
11:15 下山開始です。腐った重い雪です。ターンに苦労します。
予定していた谷に滑り込みます。ブナの巨木�、�に出会いますが、驚く程の
物では有りませんでした。天狗原山のブナや飯豊のブナの方が大きいと思います。
谷の下部は狭く、腐れ雪の雪崩が出ているので左手の尾根に登り、登行ルートに
合流します。尾根を過ぎると、スキーが全く滑りません。ヒールフリーにして、
下って行きます。2月と云うのに、全く春の腐れ雪です。苦労します。
11:54 ヤットコさと、温井集落の駐車場所に到着します。
後は、長嶺温泉(350円)で汗を流して帰ります。

今回、森太郎、森姫に逢えたかどうか判りませんが、私のイメージの中では
森太郎、森姫の名の巨木に巡り逢えてはいない感じがあります。
もっとも、山自体が小さいですから、過度の期待は無理ですかね。



<タイム>
08:35  温井
10:53  鍋倉山
11:15  下山開始
11:54 温井



HOME