初雪山(小川ダムより)

【山域】初雪山(1,610m)
【場所】富山県
【日時】2006年03月18日(土)
【コース】小川ダム - 大地山 - 初雪山[往復]
【メンバー】単独
【装備】シュガーダディ 153cm, ディアミール・XP, ガルモント-Gフィット
【地図】小川温泉
【天気】晴れ後曇り



大地山(おおちやま)手前より、剣北方稜線を望む。




大地山から、初雪山を望む(遥か先ですね!)




初雪山から、白鳥山




初雪山から、朝日岳(背後の鋭鋒は旭岳)




初雪山から、登行ルートを振り返る。(背後に黒部扇状地の海岸線が...)



初雪山の山スキーでの、北アルプス


さんこう記録

2006年03月18日(土):昨年、大平(だいら)から初雪山の山スキーを楽しみました。
今回、レベル的にはワンランク上の、小川ダムから大地山(おおちやま)経由の
山スキーに挑戦です。前日に、小川ダム迄入り、車中泊です。
05:44 小川ダムを出発します。(相ノ又)トンネルを過ぎて、シール登行に
切替えます。小川第一発電所の橋から林道に入ります。取付いてすぐで、
流水で雪が消えますが、50m程で雪面が現れます。杉林の雪も十分になり
林道をショートカットして、621mピークを目指します。雪質はクラストして
おりクトーのお世話になります。
地形図上、621mピークから796.2mピークに登ると思っていたのですが、
現地は違います。796.2mピークの東の南に落ちる尾根に取付くことに
なります。(微地形で、現場で無いと判断できません!)
(もっとも下山時は過日のトレースに導かれ、何か変と思いながら、796.2mピークを
経由して下ってしまいました。途中で合流する為、結局どちらでも良いとも取れますが、
シビアに考えると、他者のトレースを安易に辿る危険性が感じ取れます...。)
大地山に続く稜線に登り上げると、剣北方稜線が朝日に輝きます。
09:19 大地山に何とか到着です。白鳥山、そして初雪山への稜線が
手招きしています。只、気になることは西の空、日本海上空に黒雲が
目立ち始めました。急ぐ必要が有ります。撤退も視野に入れて初雪山を
目指します。稜線はピーク以外ににもアップダウンがそれなりに有ります。
帰りが苦労しそうです。
11:45 初雪山にヤットコさと到着です。眺めは、やはり栂海新道ですね!
その向こうには、焼山、金山も望めます。勿論剣北方稜線も。
登ってきた大地山からの稜線の背後には、黒部扇状地の海岸線が望めます。
12:00 初雪山下山です、天候も気になります。雪質はクラストが緩み始め
厳しくはありませんが、気を使う斜面ではあります。
それよりも辛いのは、シールを使うほどではない、スキーでの登りです。
これには消耗しました。(シールは大地山の登りで使います。
[その前の1223.1mのピークは、わずかの登りなので壷脚でこなしました。])
13:18 大地山は、少し南面をトラバース気味に通過します。
最後、杉林で難渋です。621mピーク手前から杉林に下降、過日の
トレースを追ったのですが、これが間違いでした。途中で踏み跡は
判らなくなります。相又川には下降出来ません。南西側にトラバースしながら、
(一部、スキーでの登りを入れるはめになります。)登行ルートを目指します。
対岸に発電所の斜面が望めます。なんとか正規ルートに合流です。
ふう...。疲れました。
(ルート選択は、自主的でなくては危険ですね!他人のトレースを盲従することは、
ラッセル泥棒と同じ。単独行なら、ラッセルは必然、ルートも自主的に自分の道を
選ぶべきです。反省です。)
15:10 小川ダムに無事到着です。気分に呼応してか、霧雨です。
このルート、眺望は抜群ですが、滑降ルートとしては、???です。

車を大平に一台回しておき、大地山経由(眺望優先)で登り、下りは
北面の尾根(滑降優先)を滑るのがベストかも。(単独では自転車利用?...)
なお大地山迄は、登山者も相当数いるようです。(過日のトレースが在りました。)



<タイム>
05:44  小川ダム
09:19  大地山
11:45  初雪山
12:00  初雪山(下山)
13:18 大地山
15:10  小川ダム


【過去の記録】

HOME