飯豊・北股岳(北股沢左俣)

【山域】飯豊:北股岳(2,024m)
【場所】山形県
【日時】2006年06月05日(月)
【コース】飯豊山荘 - 梅花皮沢 - 石転び沢 - 北股岳 [往復]
【メンバー】単独
【装備】自転車, バンディット B1 150cm, ディアミール・T3, ガルモント-Gフィット
【地図】長者原、飯豊山
【天気】晴


温身平から、梅花皮岳(晴に成りそうです。)




入り門内沢(石転び沢に比べ、静かなスキーが楽しめます。)




石転び沢(右手の山が北股岳:その右が北股沢左俣)




本石転び沢(梅花皮岳から石転び沢1,200m地点に落ちる、お勧めのルンゼです。)




北股沢の三本のルンゼ(左から、左俣、右俣、右斜面)




梅花皮小屋下から、北股岳




北股岳山頂下から、石転び沢




山頂から、大日岳の稜線(アプローチが何とか成れば、楽しそうなルートですね。)




山頂から、門内岳への稜線(手前のルンゼが、北股沢左俣)




エントリーポイントから、北股沢左俣




エントリーポイントから、北股岳




核心部を過ぎて、北股沢左俣を仰ぐ。(安全地帯で、カメラを取り出します。)




石転び沢から、北股沢右股のクレバスの拡大画像(滑り込まないで正解ですね!)




スキー終了点から、北股岳・北股沢の遠望



コース図

途中で見かけた草花 �(麓編)

途中で見かけた草花 �(稜線編)

さんこう記録

2006年06月05日(月):入梅前の好天、気になる、飯豊・北股岳:北股沢を
目論見ます。(白馬も残雪豊かなのに、はるばる東北まで、物好きですね!)
前日、午後8時頃に飯豊山荘に到着です。

実はこの北股沢は十数年前に、因縁があります。飯豊に足繁く通っていた頃、
とある山スキーヤと一緒になり北股岳に登りました。彼曰く、昨年北股沢を滑り
再訪とのことでした、ザックにはバイルが在りました。その頃、東北の春山には
「光物はいらない」と刷り込まれていた為、この登山者のことは鮮明に記憶して
います。その頃から、エクストリーム志向の山スキーヤーは居たのです。

3時半頃には、山菜取りの車が到着します。渋々、起き出します。
04:52 飯豊山荘駐車場を自転車で出発します。温身平まで快適サイクリングです。
梅花皮岳がガスの切れ間に浮かびます。今日も好天のようです。
温身平の砂防堤に自転車をデポします。
登山道には、所々残雪が残っています。今年の残雪の多さが判ります。
途中には、カタクリ等の山野草が撮って、撮ってと誘います。
06:15 滝沢手前・雪渓に乗ります。シールで出発です。
07:08 石転び沢出合に到着です。石転び、入り門内沢も綺麗です。
スプーンカットも余り発達してなく、お勧めです。(毛勝谷、猫又谷よりも
数段快適です。東京以北の人是非・是非です。) (本石転び沢もお勧めです!)
北股沢を偵察しましょう、左俣:何とかこなせますね、右俣:中央部にクレバスが
開いていおりパスです。右斜面楽勝でしょう。後は現場で判断です。
さて、先日の猫又谷でのシール歩行が偶然でないことを確かめる為、石転び沢を
シールで登り上げます。苦労はしましたが、稜線までなんとか登り上げました。
09:41 梅花皮小屋に到着です。小屋脇から北股岳への斜面は、お花畑です。
来週辺りが見所でしょうか?此れを見るだけでも感動ものです!
10:18 北股岳に到着です。北股沢左俣が見えます、エントリー地点の雪庇が
急ですね!どうも無理そうです。この様子だと、右斜面になりそうですね。

頂上を後にし、エントリー地点を探します。
後日の為、左股の偵察です。何と何と、行けそうです!
10:42 北股沢左俣(滑降開始)、(ギャラリーは居ませんから)雪庇は慎重に
横滑りでこなします。後は快適ザラメのオープンバーンです。快適・快適です。
核心部を過ぎて、カメラをザックから取り出します。上部斜面を撮りましょう。
後は、鼻歌交じりの快適クルージングです。アット云う間にスキー終了です。
11:08-26 滝沢手前・雪渓(スキー終了点)で運動靴に履き替えます。
下山ルートですが、残雪のため登山道を見つけるのが中々大変でした。
それでも何とか、温身平に到着です。後はラクチン*2の自転車です。
12:42 飯豊山荘駐車場に到着、飯豊山荘の温泉で汗を流し帰ります。

備考:ブヨがいて数ヶ所刺されてしまいました、肌の露出は少なめが良さそうです。



<タイム>
04:52  飯豊山荘駐車場
06:15  滝沢出合下流・雪渓
07:08 石転び沢出合
09:41 梅花皮小屋
10:18  北股岳
10:42  北股沢左俣(滑降開始)
11:08-26  滝沢出合下流・雪渓(スキー終了点)
12:42  飯豊山荘駐車場


【過去の記録】

HOME