鳥海山・湯ノ台コース

【山域】東北:鳥海山(2,236m)
【場所】山形県
【日時】2007年04月30日(月)
【コース】大台野 - 滝ノ小屋 - 外輪山・行者岳(2,195m)[往復]
【メンバー】単独
【装備】TCエボルーション 150cm, ディアミール・フリーライド, ガルモント-Gフィット
【地図 鳥海山、湯ノ台
【天気】晴



林道の九十九折れから、鳥海山。(滝ノ小屋上から、河原宿[画像左手]には入らず、直接外輪山を目指します。)




宮様コースの切開きと、鳥海山




外輪山を目指して登る




外輪山から、新山を望む




外輪山から、千蛇谷を覗く




外輪山から、滑走斜面を覗く(中央に小さく滝ノ小屋、その先が蓬莱山に続く尾根)




大台野の牧場脇から、鳥海山(下山時撮影)




祓川の林道から、鳥海山




鳥海山北面(5月1日早朝、生憎の視界です!)



さんこう記録

2007年04月30日(月): 臆病者です!雪崩が恐くて後立山の山スキーが出来ません。
仕方なく、光物の要らない(裏返せば急斜面が無い)東北の山スキーにします。
月山は面白くない、湯殿山は少し雪崩が恐い!そうすると鳥海山ですね。

先ずは前日、鳥海山の湯ノ台コースの大台野の牧場終点で車中泊です。
07:50 気力不足から、大台野・牧場終点を遅めの出発です。
直ぐに、シール登行が可能になります。(もっとも、3回ほどスキーを外しますが)
850m辺りから、林道を離れ、宮様コースに入ります。10数年前2度程辿ったこと
が在りますが、樹木が煩くなって来ています。
09:30 滝ノ小屋下近くです。十数年前同様、(河原宿には入らず)直接外輪山に取り付くため、
滝ノ小屋には寄りません。驚いたことに、かっての山スキーヤは夏道(河原宿)経由が
殆どでしたが、今日(現代)の山スキーヤーは直接外輪山に取り付いています。
その方が合理的で、山スキーが楽しめますから当然ですね。
しかし、GWです、山スキーヤーが多いです。年甲斐もなく、張り合ってしまいます。
オーバーペースです。最後はヘロヘロです。私には、やはり一人静かが似合います。
12:22 外輪山・行者岳に何とか到着です。しかし冷たい風が強いです。
周囲の写真を撮ったら、早々に退散しませう。長居は無用です。
12:32 外輪山・行者岳(下山)開始です。余り良い雪質では在りません。
おまけに、脚が疲労気味です。こんなことは初めてです!我慢の滑りになります。
とは云え、滝ノ小屋近くまでは、刻みを入れますが休憩なしの滑りです。
宮様コースは藪に少し苦労します。林道は雪を繋いで滑ります。
13:33 大台野・牧場終点に到着です。まあまあ快適な山スキーでした。

翌日(5月1日)は、祓川から、新山北面を考えており、祓川の駐車場に入ります。
翌朝、天気予報や雲行きから無理をせず、農園への帰宅の途に着きます。



<タイム>
07:50  大台野・牧場終点
09:30  滝ノ小屋下近く
12:22  外輪山・行者岳
12:32  外輪山・行者岳(下山)
13:33  大台野・牧場終点


HOME